2017年2月19日 (日)

映画「ザ・コンサルタント」観ました。

当地で ベン・アフレックの "The Accountant"(邦題 ザ・コンサルタント) 観ました。当地では既にAmazonで観れるんです。全部英語で字幕なしだから、100%理解してるかというと怪しいけど。

なんかすご腕だけど、結局全部は明らかにしてないところと、なんとなく仲間ができたみたいな雰囲気が、やっぱり続編狙いなんだろうな~というのが感想です。当地では折しも先週金曜から、キアヌリーブスの "John Wick: Chapter 2"が封切されたばかりです。まあ世界観とかはJohn Wickには及ばないけど、なーんとなく続編をにおわせているような気がします。アンジェリーナジョリーの SALTとか、バルキルマーのSAINT とか、ジャックリーチャーとか、サミュエルLジャクソンもなにかやったはずだけど、続編狙いの映画ってなんとなく雰囲気ありますよね。

ジョンリスゴーはともかく、アナ・ケンドリックは、そういえばジョージクルーニーの Up in the Airで 「グローカル」とか言ってたな、似たような役でいいね!とか、J・K・シモンズは当地でFarmersという保険会社のCMに出ているので毎日目にしているなぁ、声低いなぁ、などと思ったりしてました。でもなにより、ベンアフレックの普段の生活、、ガレージをリモコンであけてギリギリで車を入れてすぐ閉めるとか、ベーコンと卵とパンズの料理とか、なによりフォークとスプーンとナイフが1本づつしかないところとかが、ヒューストンで独り暮らししている私の日常と重なって、なんとなく身につまされるような寂しい気持ちになりました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

「会う」と訳される meet と see

会う、という感覚でつかうmeetとseeですが、使い方によっては思わぬ誤解を生むことがあります。本日、実例があったので紹介します。

2週間ほど前のこと、日本の方が書いた英文emailの書き出しを見ました。私にccとして送られてきたものです。曰く

Nice to see you.
My name is  xxx of yyy company.

私は当該事案のことは良く知っているので、これを書いた人が相手先のアメリカ人に会ったこともなく、初めてeメールを出したということを把握していました。ですのでこの出だしをとても奇異に感じました。そうでなくても、nice to see youの後に自己紹介を始めるのは不自然ですね。

これに対するアメリカ人の返事は、

It is good to hear from you and meet you as well.

このやりとりで、この二人はこれまで会ったことがないという事が、判ります。また、emailだけだから、厳密にはまだmeetでもないかもしれません。いずれにしても、要するに、日本人の方の感覚では最初のメールの冒頭Nice to see youを"初めまして"という程度で使ったのでしょう。

当地では初めての場合にseeは使わないし、逆に2回目以降にmeetは使わないというのは非常に明確な感覚なんです。Nice to see youが初めまして的に使われることはまずありません。でも、まあ、お互い通じたし、この件はこれで終わりだと思ってました。


ところが今日、この表現が思わぬ誤解を生みました。

実は最初に日本の方が書いたemailは、アメリカ人に対して納期の日時を変更して指定する内容で、変更前と変更後の2つの日付が書いてあり、この変更後の日付で見積りを依頼するようなものでした。本日その見積もりが出てきましたが、先方のアメリカ人の間違いで変更前の日付のままの見積もりが出てきたのです。

この見積もりを最初に受け取り、おかしいと思った部下のBuyerが過去のメールを調べ、上記の日本人のemailにたどり着き、私のところに来ました。彼曰く、メールとは別に二人は既に会っていて、その時にemailの日付とは違う日付を指定したのではないか、と言うのです。

この理解の原因はもちろん冒頭の "nice to see you. " 。 ほぼ100%、以前に会ったベースでemailが始まっているものと読めます。彼には、次の行のmy name is..が目に入らないくらいガチガチな表現だったようです。

彼には、アメリカ人の返事emailと、日本人でmeetとseeをちゃんと使い分けない人もいることを説明したうえで、見積もりを再提出してもらうよう彼から依頼するよう頼みました。日本人が間違えがちな点を教
宣しておくことも、仕事上必要かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

EYE IN THE SKY

一か月ほど前、映画 "EYE IN THE SKY"を観ました。日本ではまだ劇場公開中のようなので、細かいことは書かないけど、セリフでちょっと気になる表現があって、このたび実際に使ってみたので紹介します。

セリフは" This puts you beyond any culpability. "

ストーリーの中で上官が分析官に、分析結果の或る数値を強いて言わせて、その後にその上官が分析官に対して言ったセリフです。話の流れからすれば 「この件で君が責を問われることはない」 というカンジなのでしょうけどちょっと微妙な表現です。でも、なんだか心に残ったし、私も職業柄、部下に対してこんな言葉を使う機会は結構あるはずなので、使ってみようと考えてました。

で、使ってみました。私の遭遇した場面は、たとえて言うなら、社外に対して白黒はっきり回答できずに迷っていた部下に対し「いいから白と言いなさい、かまわなから」というような場面。部下に対してこのように強いてから、続けて、さらりと上のセリフを言ってみました。

訊いた部下は、、最初はキョトンとしていて、わからなかったみたい。結局は平易な言い方で説明しました。そしたら判ったようで、"I'm safe !"と叫んでました。This puts you beyond any culpabilityはなにか歯に挟まったような、ちょっとまだgrayだったんだそうです。

簡単にはっきり言うなら、要するに"you're safe" でいいのかも。でも映画ではgrayなことがミソなんでしょうね。字幕ではどう書かれるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年1月 2日 (月)

年越しはアメリカ本土で過ごしました。

謹んで新年のお慶びを申し上げます。
本年も昨年の元旦と同じように年越しはアメリカで迎えました。ただ、気温は20℃以上だったし、30日から1日までそれぞれ別な場所 -- ニューオーリンズ、バトンルージュ、ヒューストン --で過ごしたので、いまだ正月気分ではありませんけども。

20161230▲ニューオーリンズ、バーボンストリートに面したのジャズバーの裏口。2016.12.30

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月20日 (火)

Indian Creekというタバコ。

映画「Sicario」で大写しになるタバコ「Indian Creek」がとても気になり調べてみました。

最近、Amazon Primeで"Sicario"が無料で視聴できるラインアップにあがってたので観てみたのですが、映画のなかで "Indian Creek" というタバコが画面いっぱい大写しになります。こういうディティールが何かを語っていたりすることが少なくないので、なにか、このタバコの地域性とか好んで吸う人種とかに意味があるのかなと、とても気になりました。

ちなみに、、当地アメリカのAmazon Primeは日本のアマゾンプライムとは別、つまり日本でプライム会員であってもAmazon.comのAmazon Primeは別に手続きし別途会費を払わないといけません。会費も全然違います。また、日本のアマゾンプライムの無料コンテンツの多くは、当地アメリカでは視聴できません。
(そんなわけもあって、Sicarioは字幕も吹き替えもなく視聴したので、1回目みてもわからない部分があって、2回目でやっとまともに理解できたんですけども。。)

で、調べたところ、Indian Creekというタバコはどうも実在しないようですね。大写しになったのは、国境のあちらとこちらで、KateとSilvioが同じ銘柄のタバコを吸っているってことを感じさせる意図なんでしょう。これを見たとき確かに、ああ、生活基盤は同じなんだなという気がしました。で、善悪とか国境とか言ってるけど、結局同じ基盤というか必要悪というか無くてはならないものというか、うまく言葉にできないけど、タバコを見たときにそんなことを直感的に感じるんでしょうね。

それでも気になって、映画の画面に映るIndian Creekの箱とかを、画面を止めたりしてよーく観察してたら、中身はマルボロということに気が付きました。実在しないこと確定のようですね。

001



| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年12月 1日 (木)

ゴルフレンジの親子。

この前の日曜のこと、私、ヒューストンの或るゴルフ打ちっぱなし場でゴルフ練習してたんですが、途中から私の左側、スイング中は背中側になる場所に親子がやってきました。見ていたわけではないんですが、背後の気配からして、お父様が付き添い、息子さんが練習しているようでした。息子さんは時々ダフッたりトップしたりと苦戦してる感じ。その後は私は自分の練習に没頭して気にしてなかったんですが、しばらくしてふとしたときに、背後でずいぶん長いこと球を打っていないことに気づきました。そしてずっと間断なく英語での話し声が聞こえています。気づいてから後、聞くともなく聞いていたんですが、どうも息子さんがお父様に向かってずっと話しているようなのです。

話の内容がだんだん判ってきました。息子さんは普段はなにか先生についてゴルフを習っているようで、この日はお父様と2人で先生のレッスンの復習のような目的でレンジに来たようです。何球か打って、うまくいかなかったため打つのを止めて、そのあとずっとお父様に向かって話していたようです。曰く、「先生が言った通りにやってるのにうまくいかない!」 「あんな風に打ちたいのに、全然そんな風にならない!」「先生はヒップターンっていったけど、ヒップターンしてもあんな風にならない!」とか。。。

「あんな風」というのは、この時レンジで練習していた誰かの事のようでした。もちろん、私のことではないでしょう。

これに対し、お父様曰く、「先生がそうしろっていったじゃないか~(冷静)。」 応えて息子さん曰く 「じゃあお父さんやってみてよ!・・・(父、打つ)・・・ できないじゃん!」さらに、「自分もできないのに、なぜ正しいって言えるのさ!」とか、「もう本当に、言ってることが理解できないんです」 (←ここは丁寧語みたいにしゃべったので、上からっぽくて言われたほうは腹立たしいはず)、とか。挙句の果てには「お父さんのいうことが信じられません」(正確に言うと「もう信じません」というほうが近い)とか、もう言いたい放題。

お父君は困りながらも、怒ったりせず冷静に返事していました。そしてあきらめずに、お父君なりの手本を見せているようでした。でもお父君もやっぱり「あんな風」には打てないので息子さんの話は堂々巡りで延々話しているという感じでした。

まあ、息子さんの気持ちもわかるけど、その気持ちは表に出してもどうにもならないし、先生から見ればみんな下手なんだし、私もそうですが下手くそはつべこべ言わずに言われたことをずっとやり続けるほかはないんでしょうけどね。。

001

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月30日 (水)

クリスマスのプレゼント交換。

お互いにクリスマスプレゼントを贈りあうプレゼント交換。コミュニティーによっていろんなやりかたがあるようですが、ここヒューストンの会社の仲間内ではシンプルにくじ引き方式、"DRAWING" です。 この時期、プレゼント交換にはいろいろなやりかたはあるんですが、White Elephant, Secret Santa,とかは時間がかかってメンドクサイ・・ということで。

ということで、名前と、ほしい希望プレゼント3つとを、付箋に記入し、折りたたんでくじ引きポットに入れました。くじ引いた人に余計な面倒かけないようにと、希望プレゼントはKrogerやWholefoodsなどギフトカードばかりにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月25日 (金)

サンクスギビング難民。

11月24日(木)はサンクスギビングで休日でした。前日23日は仕事で遅くなってしまい、めんどくさくて買い物に行かなかったので食料が足りなくなってしまいましたので、24日に買い物に出かけました。ところがスーパーが開いていません。いつもは満杯に近い駐車場がガラガラで、ちょっと異様です。何軒か廻ってみましたが、開いてません。食料を求め彷徨えるサンクスギビング難民の気分。道行く車も少なく、今日ぐらいは家に居て家族と過ごすのが正しいようです。

とはいえ、買い物をしない事には困るので、Walmartなら開いているだろうと思い、Walmartに行ってみました。車で近づくと駐車場はいつもに増して満杯。駐車場なのに時折クラクションが聞こえたりと、普段よりお客さんが多いようです。一安心。

ところがなんだか様子が違います。入口から入ってすぐのところに"KEEP OUT"の黄色いテープ。店内に何人か警察官がいて、店内奥の方に人だかりが見えます。聞こえてくる店内放送もちょっと緊迫感のある業務連絡です。開いてるとおもったけど、勘違いだったかな?

落ち着いて店内を見回すと、レジは稼働していて支払っている人もいるので買い物はできそうです。籠をもって店内に進むと、順路らしきものを示す矢印が貼ってあったり、特定の通路は完全にシャットアウトされていたり、また別の通路には人が並んで立っていたりしています。幸い、私の買いたいものはアクセス可能な場所にあったので事なきを得ました。でも香辛料とかハムとかベーコンが欲しい人はどうするんだろう。

買い物して、店を出る時にもレシートを確認されたりと、なんだかいつもと違う。訊いてみたら、まあ要するにサンクスギビングに続く「Black Friday」のセールがもうすぐ午後6時からはじまるということだったんですね。社員からは、セールは25日金曜日の早朝に始まるとか、店によっては25日午前零時から始まるとか、訊いてましたが、よもや前日の夕方から始まるとは思ってませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月22日 (火)

Black Friday.

今週の木曜はThanksgiving、金曜はBlack Friday。早朝から、広告の入った新聞配達待ちの行列ができるとか、店によっては午前4時半に開くとか、今日、いろいろと社員から教えてもらいました。時々奪い合いになるけど、心配ない、死にはしない、とか、脅されました。

Img_0612▲家に帰ったら、ポストにBlack Fridayの広告(Flyer)がたくさん入ってました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年11月21日 (月)

クリスマス進行。

サンクスギビングの週になりました。月曜日の今日から早速休んでいる社員もいます。これまで休まず働いたから有給が残っているってことなんですけどね。

当地ヒューストンも、なにかとサンクスギビング、Black Friday, そしてさらに先なのにもうクリスマス色が濃くなってきました。Houston KODA Sunny 99.1 FM のDelilah Showもこのところ毎晩クリスマス曲ばっかり。

イギリスではガイフォークスが終わったらもうクリスマス商戦という感じでした。韓国も少し遅めですがこの時期にはクリスマス感が出てました。韓国の場合は年を越してもいつまでもクリスマスイルミネーションが残っていたりしましたけども。

| | コメント (0) | トラックバック (0)