« 2017年1月 | トップページ

2017年2月19日 (日)

映画「ザ・コンサルタント」観ました。

当地で ベン・アフレックの "The Accountant"(邦題 ザ・コンサルタント) 観ました。当地では既にAmazonで観れるんです。全部英語で字幕なしだから、100%理解してるかというと怪しいけど。

なんかすご腕だけど、結局全部は明らかにしてないところと、なんとなく仲間ができたみたいな雰囲気が、やっぱり続編狙いなんだろうな~というのが感想です。当地では折しも先週金曜から、キアヌリーブスの "John Wick: Chapter 2"が封切されたばかりです。まあ世界観とかはJohn Wickには及ばないけど、なーんとなく続編をにおわせているような気がします。アンジェリーナジョリーの SALTとか、バルキルマーのSAINT とか、ジャックリーチャーとか、サミュエルLジャクソンもなにかやったはずだけど、続編狙いの映画ってなんとなく雰囲気ありますよね。

ジョンリスゴーはともかく、アナ・ケンドリックは、そういえばジョージクルーニーの Up in the Airで 「グローカル」とか言ってたな、似たような役でいいね!とか、J・K・シモンズは当地でFarmersという保険会社のCMに出ているので毎日目にしているなぁ、声低いなぁ、などと思ったりしてました。でもなにより、ベンアフレックの普段の生活、、ガレージをリモコンであけてギリギリで車を入れてすぐ閉めるとか、ベーコンと卵とパンズの料理とか、なによりフォークとスプーンとナイフが1本づつしかないところとかが、ヒューストンで独り暮らししている私の日常と重なって、なんとなく身につまされるような寂しい気持ちになりました。。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 8日 (水)

「会う」と訳される meet と see

会う、という感覚でつかうmeetとseeですが、使い方によっては思わぬ誤解を生むことがあります。本日、実例があったので紹介します。

2週間ほど前のこと、日本の方が書いた英文emailの書き出しを見ました。私にccとして送られてきたものです。曰く

Nice to see you.
My name is  xxx of yyy company.

私は当該事案のことは良く知っているので、これを書いた人が相手先のアメリカ人に会ったこともなく、初めてeメールを出したということを把握していました。ですのでこの出だしをとても奇異に感じました。そうでなくても、nice to see youの後に自己紹介を始めるのは不自然ですね。

これに対するアメリカ人の返事は、

It is good to hear from you and meet you as well.

このやりとりで、この二人はこれまで会ったことがないという事が、判ります。また、emailだけだから、厳密にはまだmeetでもないかもしれません。いずれにしても、要するに、日本人の方の感覚では最初のメールの冒頭Nice to see youを"初めまして"という程度で使ったのでしょう。

当地では初めての場合にseeは使わないし、逆に2回目以降にmeetは使わないというのは非常に明確な感覚なんです。Nice to see youが初めまして的に使われることはまずありません。でも、まあ、お互い通じたし、この件はこれで終わりだと思ってました。


ところが今日、この表現が思わぬ誤解を生みました。

実は最初に日本の方が書いたemailは、アメリカ人に対して納期の日時を変更して指定する内容で、変更前と変更後の2つの日付が書いてあり、この変更後の日付で見積りを依頼するようなものでした。本日その見積もりが出てきましたが、先方のアメリカ人の間違いで変更前の日付のままの見積もりが出てきたのです。

この見積もりを最初に受け取り、おかしいと思った部下のBuyerが過去のメールを調べ、上記の日本人のemailにたどり着き、私のところに来ました。彼曰く、メールとは別に二人は既に会っていて、その時にemailの日付とは違う日付を指定したのではないか、と言うのです。

この理解の原因はもちろん冒頭の "nice to see you. " 。 ほぼ100%、以前に会ったベースでemailが始まっているものと読めます。彼には、次の行のmy name is..が目に入らないくらいガチガチな表現だったようです。

彼には、アメリカ人の返事emailと、日本人でmeetとseeをちゃんと使い分けない人もいることを説明したうえで、見積もりを再提出してもらうよう彼から依頼するよう頼みました。日本人が間違えがちな点を教
宣しておくことも、仕事上必要かもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年2月 7日 (火)

EYE IN THE SKY

一か月ほど前、映画 "EYE IN THE SKY"を観ました。日本ではまだ劇場公開中のようなので、細かいことは書かないけど、セリフでちょっと気になる表現があって、このたび実際に使ってみたので紹介します。

セリフは" This puts you beyond any culpability. "

ストーリーの中で上官が分析官に、分析結果の或る数値を強いて言わせて、その後にその上官が分析官に対して言ったセリフです。話の流れからすれば 「この件で君が責を問われることはない」 というカンジなのでしょうけどちょっと微妙な表現です。でも、なんだか心に残ったし、私も職業柄、部下に対してこんな言葉を使う機会は結構あるはずなので、使ってみようと考えてました。

で、使ってみました。私の遭遇した場面は、たとえて言うなら、社外に対して白黒はっきり回答できずに迷っていた部下に対し「いいから白と言いなさい、かまわなから」というような場面。部下に対してこのように強いてから、続けて、さらりと上のセリフを言ってみました。

訊いた部下は、、最初はキョトンとしていて、わからなかったみたい。結局は平易な言い方で説明しました。そしたら判ったようで、"I'm safe !"と叫んでました。This puts you beyond any culpabilityはなにか歯に挟まったような、ちょっとまだgrayだったんだそうです。

簡単にはっきり言うなら、要するに"you're safe" でいいのかも。でも映画ではgrayなことがミソなんでしょうね。字幕ではどう書かれるのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2017年1月 | トップページ