« BRM509神奈川興津600 (3) 登った分、必ず下るのです。そしてゴール。 | トップページ | 富士の国やまなし 第12回 Mt.富士ヒルクライム 参戦。 »

2015年5月19日 (火)

ペダル・クリート・シューズの重量のこと。

ここ数年はペダルとかシューズとかに不満なくすごしてきたのですが、先日のBRM321千葉400kmとBRM509興津600kmとで同じように右足外側が痛くなるという症状が出て以来、どうも足が靴の中で外側に動いているような気がするようになりました。

ひとつは、シューズ。人気のS-WORKSなのですが、カントとかなんとかっていう、外側に流れるような傾斜がついています。もうひとつは、ペダル。Xpresso12 なんですが、外側にたわむという傾向があります。私レベルでは問題ないとは思うんですが。

通勤で使っているゼリウムとかSPD-SL とかのほうが、いいんじゃないか?と、思えて仕方なくなりました。ま、練習とか次のイベントとかで何度か使ってみればわかる話ですが。

試すに先んじて、それぞれの重量を測ってみました。

まずはTIMEクリートつきのS-WORKS。259g。

20150517_083639
次に、SPD-SLつきのゼリウム。309g。
20150517_083653
なるほど・・・ では、それぞれのクリートを計ってみます。
TIMEのクリート 。磨り減ってますので新品より軽いはず。取り付けボルト込みで44g。
20150517_083832

SPD-SL 。こちらも磨り減っているので軽いはず。。と、ボルト込みでTIMEのクリート より軽い34g。
20150517_084019
シューズ単体(ソールも除外)で、計ってみました。

20150517_084126
20150517_084147
片足44gの差。でも重量がなにより大事かなぁ。。あらためてはいてみるとゼリウムのホールド感って良いです。

ペダルも計ってみました。

Dscn3986むむ。。

Dscn3987
アルテグラPD-6800 も決して重いわけではないはずですが、こうしてみるとXpresso12 がすごく軽く思えますね。

でも踏み面の幅はPD-6800よりXpresso12が若干狭いし、なによりXpresso12はシャフトが短いんですよね。。片持ちと両持ちという有意な差がある気がします。だからTimeは外にたわんで(それがTimeの良い点でもあるらしいんですが)、S-WORKSのカントと合わさると、足が外側に動いてしまって長時間の走行では痛みが出るのかなぁ。。

Dscn3996
さてどうしたものか。。TIMEのクリート 交換の頻度とか、そもそもそんな究極な走りなんてしないことを考えれば、SPD-SLが良いんじゃないかなぁ。ゼリウムはホールド感がすごく良いし。ともかく交互に使ってみます。

|

« BRM509神奈川興津600 (3) 登った分、必ず下るのです。そしてゴール。 | トップページ | 富士の国やまなし 第12回 Mt.富士ヒルクライム 参戦。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/61613896

この記事へのトラックバック一覧です: ペダル・クリート・シューズの重量のこと。:

« BRM509神奈川興津600 (3) 登った分、必ず下るのです。そしてゴール。 | トップページ | 富士の国やまなし 第12回 Mt.富士ヒルクライム 参戦。 »