« BRM1002埼玉600kmに向け | トップページ | AJ千葉ジャージ »

2010年10月 4日 (月)

BRM1002埼玉600kmの顛末・・・

600km、無事完走しました。但し、認定はなし。痛恨の・・・

ブルベカード紛失

ゴールの1つ手前のPC6(約527km地点)で紛失に気づき、ポケットを探し床を探し、などした挙句、PC6のセブンイレブンの店員さんに思わず「私なにか落としませんでしたか?」とたずねて怪訝な顔をされた。ブルベカードとレシートをジップロックに入れて、防水チャックで全閉する財布に入れてバックポケットに入れていた・・・はずが、PC6で財布を空けたら、なかった。PC5からPC6までの中野~菅平~鳥居峠~北軽~二度上峠では、一度も財布を開けることなく必死で走っていたので、おそらくPC5で置き忘れたのだろう・・・ ・・・ 

PC6を出てからしばらくは、ガックリきて、クヨクヨ考えてしまって、集中できずミスコースを繰り返していた。だが、これではイカンと思い直し、、、そう、何事も自己責任、600km走った経験があればいいじゃないか、見たことのなかった弥彦神社や夜の日本海も見たし、日本有数のスキーリゾートの夏景色も幾つも見た。登りきれないと思った坂もいくつも克服した・・・・・。いいじゃん。そう自分に言い聞かせて、認定はなくても自分の完走を目指すことにした。

PC6を出て、ゴールまでの途中で、雨が降り出した。雨具を装備し雨の中を走る。車道はトラックが多いのでトラックに道を譲ったりしてペースは上がらず、フラフラと走っているうちに制限時間の23時まであと1時間になった。と、五明交差点の手前付近でT崎さんが追いついてこられ「一緒に走りましょう」といってくれた。そうだ、私は認定はなくても、自分の完走。諦めない気持ちは同じだ。私がクヨクヨ走ってT崎さんがタイムアップというわけにはイカン。気持ちが吹っ切れた。

そんなわけでT崎さんと頑張って22時40分ごろにゴールした。雨の中、スタッフの皆様が待っていてくださってありがたかった。それだけに、ブルベカード紛失と伝えるのは申し訳なかった。当人は、最後の最後に2人で頑張ったお陰で、ゴールしたときには気持ちが軽くなってサバサバしていた。T崎さんは本当に救世主のようだった。感謝しています。

関越~首都高~京葉道の帰途、SAで何度も睡眠防止ヤクを飲みながら帰宅した。家で体重計に乗ったら体重が3kg減っていた。

スタートからの詳しい顛末はまた後日ということで。

以下、720iによるデータ。

走行距離: 616.5km
経過時間: 39時間40分*
走行時間: 27時間49分
平均時速: 仮眠地の長岡まで24.7km/h, 長岡からゴールまで19.9km/h
消費カロリー: 14,919KCal
*長岡では、ホテルに泊まり大浴場に入り仮眠。5時間滞在した。休みすぎた。反省。

Imgp04241
600kmも一漕ぎからいっぽいっぽ。


|

« BRM1002埼玉600kmに向け | トップページ | AJ千葉ジャージ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/49651601

この記事へのトラックバック一覧です: BRM1002埼玉600kmの顛末・・・:

« BRM1002埼玉600kmに向け | トップページ | AJ千葉ジャージ »