« ホイールの悩み | トップページ | 乗鞍申し込みました »

2010年3月26日 (金)

マビックのフリーユニット交換。シマノ<=>カンパ。

シマニョーロの時に使っていたキシリウムSLシマノ用のフリーをカンパ用に交換してカンパのスプロケをつかえるようした。マビックのホイールはこの換装が とても簡単。忘れないうちに、手順を紹介します

まず、ハブ軸のキャップを外す
フレームからホイールを外して、クイックを抜いた ら、先ずはキャップ(プラグ)を外す。写真のように、プライヤーなどで外せる。ネジが切ってあるとかということはなく、とにかく引っ張れば抜ける。工具を 当てる時はせめて段ボールかなにかを挟んでキャップに傷がつかないように。
Imgp1925_2

10mmと5mmのアレンキーで特殊ボルトを外す
外し た側に10mmのアレンキーを差し込む。10mmだからウルトラトルクと同じだ。そこで、カンパの純正工具(写真)が使えるかとおもって試して見たが、カ ンパの工具は途中から段差があって太くなっているので、しっかり噛みこまず、使えなかった。手持ちのペドロスのアレンキーを使った。
Imgp1926

写真のよう に、キャップを外した方に10mm、フリー側の軸心に5mm、をネジは普通に切ってあって別に逆ネジで切ってあるわけではないので、普通にネジを緩める方向に回す。そして全部ネジを抜く。
Imgp1927 こんな特殊ネジが入っている。ネジを抜かないと、フリー交換はできない。
Imgp1929

フリー体の取り外 し。

フリー体は手でひっこ抜ける。ラッチのスプリングとキーが、もしかしたら飛び出すとか飛んでいくとかするかもしれないので、一応、注意して手 でひっこ抜く。写真に写っているワッシャをなくさないように注意。抜くとこんな感じ。この状態で振り回すと、スプリングなんかは飛んでいきそうな ので注意。
Imgp1932

重さを量ってみました。
カンパ用とシマノ用の重量を量ってみたら、わずかながらシマノ用の方が重い。シマノ用に付属の スペーサーワッシャ分、重いということかな?
Imgp1934

それから、カンパ用でも、ホイールのグレードで違うのかな?と思って、コスミックカーボンSLに付属のフリー体 (写真右) と、キシリSLに付属のフリー体(左)を比べてみたが、全く同じ重量だった。見た目も同じ。ホイールのグレードによって変わりはないってことかな?
Imgp1931

組みつけ。
組みつけは、逆の要領。先ほどのワッシャを入れ忘れないように注意。フリー体を入れる時に、スプリングがガイド穴にきちんと入っているこ とを確認。私、こうしたことを確認しておかないと、走っている時にどうも気になって、結局もう一度分解して確認したりしてしまう。私にとって確認はとても 大切だ。左の写真は、はまっていない様子。このままではフリー体が入らないはず。右が正常、はまっている。

Imgp1937 Imgp1938

ネジをしっかり締めて、キャップを押し込んで、交換完了。作業開始から10分ほどで完了です。

|

« ホイールの悩み | トップページ | 乗鞍申し込みました »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: マビックのフリーユニット交換。シマノ<=>カンパ。:

« ホイールの悩み | トップページ | 乗鞍申し込みました »