« ドリアンはもういらない | トップページ | 高速道路のサービスエリア in マレーシア »

2009年8月14日 (金)

クアラルンプールの屋台。

Imgp14623 私の会社の事務所はモノレールの通るJalan Sultan Ismailという大通りに面したビルで、周りは結構なオフィス街みたいなんだが、そのモノレールの通る大通りから一本奥に入った通りに屋台がずらっとならぶ通りがある。昼食時には近辺のオフィスで働く人々で賑わっている。私も、屋台で昼食をとってみた。

屋台はたくさんあってにぎわっているが、良く見ると、繁盛しているところと閑散としているところが極端にくっきり分かれている。意外と競争が厳しいのかもしれない。暇そうなところには誰もよりつかず、ますます暇になっているという感じだった。

Imgp14590私が入ったのは勿論、繁盛しているところ。中華系のおばさんが3人で切り盛りしている屋台で、メニューはドライカレーミーと、スープミーだけ。調理場、兼、レジは畳半分ぐらいの、スタンドみたいな場所で、そことお客さんのテーブルとの間をを、3人のおばさんが行ったり来たりせわしなく動いているという、なんともエネルギッシュな屋台だ。

まず、席に着くと、隣の屋台のおばあちゃんが、飲み物はいらんか、って感じで近づいてくる。とりあえず頼むと、韓国でいう수정과(水正果)みたいな飲み物が、無造作にプラスチックのコップに入って出てくる。量は多くて、およそ700mlぐらいはある。一杯1RM(約28円)。

Imgp14584 この屋台はメニューが2つぐらいしかないわけだから、とくに選ぶということもないが、おばちゃんは、スープか麺(ミー)か、それと、具はなにか、大か小か、ぐらいのことを聞いてくる。具は日替わりらしいが、フライなので、見てもよくわからない。大で、全部入れるように頼んだ。

しばらくすると料理が出てくる。きざみ唐辛子が沢山盛られたしょうゆが出てくるが、これはとても辛いので、入れない方がいいかも。私は辛いのが好きなので入れてしまったが、辛さは問題ないのだが、冷房のない屋台で汗が大量に吹き出てどうしようもなくなった。自転車で普段、なまじ代謝がよいせいか、こうした場合に尋常でないほど汗がでる。それも、顔面から大量に汗がでるので、見ているひとはビックリするだろう。

Imgp14601 しかし味は悪くない。ジャンク好きな私にはあっている。それに、値段がスープ込みで5RM(140円ぐらい)というのもとてもお得な感じがする。近くに宗像ラーメンという、日本食の昼食が食べられるところがあるが、そこだと概ね、一食30RM(800円ぐらい)するから、この差は大きい。私には屋台が性に合っている気がする。

そんなことを思いながら、顔面に大量の汗をかきながら、ドライカレーミーを食べ終えた。私が食べている間も、テイクアウトのお客がひきもきらずやってきていた。この屋台は繁盛しているようだ。食事を終えて外にでると、汗をかいた顔面に吹く風がなんとも気持ちよい。気持ちいいのだが、汗をかきすぎたせいか、ちょっとめまいがした。これはイカン。次回からは唐辛子は入れず、さらに、タオル持参で屋台に行くことにしよう。

|

« ドリアンはもういらない | トップページ | 高速道路のサービスエリア in マレーシア »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/46111180

この記事へのトラックバック一覧です: クアラルンプールの屋台。:

« ドリアンはもういらない | トップページ | 高速道路のサービスエリア in マレーシア »