« クアラルンプールの屋台。 | トップページ | 南シナ海から昇る朝日。 »

2009年8月15日 (土)

高速道路のサービスエリア in マレーシア

クアラルンプールを出立し、東海岸のビーチ "Pantai Pununjuk"を目指す4時間の車旅が始まった。早朝にクアラルンプールを出発し、国道   をたどる。クアラルンプールを抜けると延々と登りが続く。グンティンハイランドへの登りだ。

グンティンハイランド、Genting Highlandと綴るので、「ゲンティンハイランド」と読むかというと、そうではない。マレー語もインドネシア語も、単語の最初の母音が「e」表記の場合、外来語などの特殊なわずかな例をのぞき、ほぼ100%「ウ」の発音をする。そしてこの頻度が非常に多いので、だれしもが違和感なく、こうしたものは全部「ウ」の発音をするようになっている。かといって、英語のときに間違って発音するということもない。要は慣れの問題だ。

グンティンハイランドを越えて少しくだったところにサービスエリアがあって、そこで休憩した。派手さはないが広いSAで、天井の高いホールに机とベンチがたくさん置いてあって、そのホールに面して、食べ物や飲み物やお土産を売っているお店が10軒ほど並んでいる。ここで休憩、そして朝食。

店は半分ぐらい開いている状況だったし、お客さんもそれほど多くなくて、店の売り子さんも、万全の調子ではなかったのかもしれないが、それにしても働かない雰囲気満点、ダルさ満点のインド系売り子さんにナシゴレンを注文して、出来上がったナシゴレンに勝手にカレーを何種類かかけた、オリジナル大盛りカレーを購入。8RM(約200円)。それから、隣の店に行って、テータリクというミルクティーを注文。これまた、店の外で休憩していた売り子の少年を見つけてきて、やっと購入。1RM(28円ぐらい)。どちらも味は良かったので、満足した。

Imgp13341_2

|

« クアラルンプールの屋台。 | トップページ | 南シナ海から昇る朝日。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/46109245

この記事へのトラックバック一覧です: 高速道路のサービスエリア in マレーシア:

« クアラルンプールの屋台。 | トップページ | 南シナ海から昇る朝日。 »