« MASI Speciale Fixed 観察 | トップページ | 2009年春節、マレーシアの日程。 »

2009年1月19日 (月)

本年の1月17日はセロテープアート。

今年の1月17日は日本で過ごした。日本で過ごすのは2005年以来、4年ぶりのことである。練馬区立美術館で開催中の、瀬畑亮先生のセロテープアート展に行ってきた。

きっかけは、産経新聞のiPod版。私の息子もセロテープを使って器用になんでも造る・・・一度見ただけのキャラクターなどでも、セロテープと色画用紙ですぐ造る・・・ので、興味がある。土曜日の2時からは体験講座があるらしいので、早速、出かけた。

開始時刻の5分前に到着したが、既に会場には先生がいらっしゃっていて、開講を待つ家族づれが先生を取り囲んでいた。私達家族が到着したときには、まだ座る(床にすわる)場所の余裕もあったので、私たち家族は床に座った。

2時になり講演が始まると、次々に来場者がやってきて大変なひとだかりになったようだ。私たちは前のほうにいたから判らなかったけど。折しも、練馬区の小学校の図工発表会(?)が同時開催で、結構な人出だったところに、なにやら催し物が始まって、人が集まったらしい。

先生と司会の真子さんとのトークのあと、いよいよセロテープアート体験、ってことで、一人3本ものセロテープが配られた。セロテープは潤沢に用意されている様子で、数に限りがあるなんてことはなかった。太っ腹のニチバンさんありがとう!

で、先生の号令と共に会場の皆様が一斉にセロテープを引き出して・・・ビィーッビィーッて音が会場に響いて・・・楽し~!とにかく引き出してぐちゃぐちゃにして丸めると・・・おお、なにやら丸い形に、そしていろんな形になっていく。周りの人たちもなにやら閃いたのかビィービィーやりながらどんどん自分の世界にのめり込んで・・・ もう先生の話なんて聞いてないよ。あれほど先生が「ムキにならないで(腱鞘炎になるから)」って言ったのに・・・。

体験後、うちの家族が先生となにやら喋っていて、息子がなにやら真剣な顔で質問していた。写真撮影は不可なので写真が撮れなかったはとても残念。で、何を質問したのか聞いたら、「細かいところをするときはセロテープを切るんですか」と聞いたらしい。なるほど、体験に参加したモノとしてはもっともな質問だ。賢い子だ(親バカ)。

ともかく楽しかった。セロテープをおもうまま引っ張り出す経験なんて今までなかったし、今後も多分、ないだろう。来月2月15日まで開催されていて、毎週土曜日の午後2時からは体験もできるので、興味あるかた、いかがでしょう。オススメです!


|

« MASI Speciale Fixed 観察 | トップページ | 2009年春節、マレーシアの日程。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/43798674

この記事へのトラックバック一覧です: 本年の1月17日はセロテープアート。:

» 川村明宏の記憶術のやり方【一人勝ち記憶術通信講座】 [川村明宏の記憶術のやり方【一人勝ち記憶術通信講座】]
「徹夜で勉強したのに全く覚えていない」「もう暗記なんてうんざりだ!」と、悩んでいませんか?実は、1日7分○○するだけで、覚えられる量を数十倍に上げる方法があります。任天堂DS「右脳を鍛える」で有名な川村明宏が記憶術の秘密を公開! [続きを読む]

受信: 2009年1月20日 (火) 05時07分

« MASI Speciale Fixed 観察 | トップページ | 2009年春節、マレーシアの日程。 »