« マウンテンサイクリングin乗鞍2008(5) 有料リザルトはまだ? | トップページ | ALINCO エアロマグネティックバイク6200 AF6200 »

2008年9月20日 (土)

岳陽にて。洞庭湖をみたつもり。

中国・湖南省の岳陽に来ています。

岳陽へは、まず上海から空路(2時間)にて長沙に移動し、さらに長沙から車で約2時間の道程である。ちなみに、長沙から岳陽までは、コメットDL/3のGPSトラッキングログによると1時間46分かかっている。

日本から上海への空路を含めて、日本の羽田を早朝にでて上海虹橋空港で国内線に乗り継ぎ長沙→岳陽と移動すれば、その日のうちに到着できる道程だ。尤も、長沙からは「長永高速」、「京珠高速」という整備された高速道路を延々と走り、さらに「金鶚東路」という高速と同じような大通りを通っての2時間弱であり、要するに100km/hで突っ走っての2時間であって、中国の共産主義的インフラ整備があって始めて可能になる移動時間ではある。

そんな旅程で到着したわけだが、ここ岳陽は、有名な中国第二の湖、”洞庭湖”の湖畔らしくて、確かに周囲は湖らしいような川のような、水場が多い。宿泊したホテルの近くの王家川橋からは、洞庭湖の切れ端みたいな「南湖」の、これまた端っこあたりが見えるらしい。

早朝、霧の中、徒歩で、湖を見に行ってみた。徒歩で街を抜けて橋に至る道は、早朝にも関わらず既に沢山の人でにぎわっていて、出勤前に朝食を摂る家族連れとかジョギングする人とか、辛そうにうつむいて出勤する人、早朝から元気に携帯で話しながら通勤している人などさまざまだ。

Photo 橋の上から南湖方面と思われる方向を見てみた。南湖方面は霧がかかっていて、遠景は良く見えなかった。早朝で無風で、川沿いの家が川面にくっきりと映っていた。川岸で釣りをしている人もそこここに見える。早朝なのに既に釣果ありという風情で、釣荷を片付けている人も少なからずいた。

川に程近いところに、木立に覆われた小高い丘があり、その頂上に鐘楼らしきものがあった。木立の森は公園になっていて石段があり、鐘楼まで登れそうだったので登ってみた。丘は木立に覆われているので、石段の途中からは周囲の景色はみえず、森の中みたいだった。丘は意外と高くて、鐘楼まで上ると汗が吹き出た。丘の上から湖が見えるかと思ったが、木立が高くて全く見えなかった。

鐘楼の上にいたら、上半身裸で、坊主頭の青年が走って石段を上ってきた。石段の一番上の段まで登って、体操を始めた。全身、汗びっしょりだ。みるとすごい筋肉だ。昔、Gメン75でカンフー対決の回のときに出演していた悪役のムキムキマンみたいな筋肉だ。私は青年のいるほうに向かって歩いていて、「すごいのが来たな~」と思ったが、とにかく一本道で逃れようがないのですれ違うほかない。すれ違うあたりの良い塩梅で、一か八かで欧米人風にニコリとして「ハーイ」といってみたら、私を上回る自然な笑顔で「ニーハオ」といわれてしまった。

この屈託のない、とまどいもない笑顔は本当に意外だった。良いところのご子息なのかな?この丘を走って登るのも相当なものだし、早朝からってのもなにか真剣さが感じられる。スポーツ振興も盛んなのかな?

それにこの丘、街中にも係わらず、木立の高い、森みたいな場所だが、ゴミがちらかっているわけでもなく、犯罪の気配もないし、物盗りの心配もなさそうだ。といって、ゲートがあるわけでも管理人がいるわけでもない。これはこの街の文化レベルが高いことを顕しているのではないだろうか。

聞くところによると三国志の時代から栄えた歴史のある土地であり、呉の国孫権の軍師、魯粛の墓「魯粛墓」があるらしい。文化レベルの高い街には間違いないだろう。

|

« マウンテンサイクリングin乗鞍2008(5) 有料リザルトはまだ? | トップページ | ALINCO エアロマグネティックバイク6200 AF6200 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/42536431

この記事へのトラックバック一覧です: 岳陽にて。洞庭湖をみたつもり。:

« マウンテンサイクリングin乗鞍2008(5) 有料リザルトはまだ? | トップページ | ALINCO エアロマグネティックバイク6200 AF6200 »