« 面白い本・・・ロードバイクの科学。 | トップページ | ピナレロジャージ »

2008年5月13日 (火)

RD-7700故障→RD-7800へ

3年前に取り付けたリアディレイラーRD-7700が壊れた。シフトケーブル交換の作業中に、ワイヤ取り付けネジが回らなくなった。

RD-7700(RD-7800も同じだが)、ワイヤ取り付けネジの本体側スレッドは、アルミの台座に合金製のネジ山が取り付けてある構造(稚拙な表現でスミマセン・・・インサートナットでもなさそうなので)なのだが、その合金製のネジが本体からポロリと取れてしまった。このネジ以外の不具合は全くないので、このネジをなんとか嵌めてみようと試行錯誤したが、適正工具なしでは何ともならない。

ともかくRDなしでは走ることができない、明日の通勤から支障があるということで、近所の自転車店にRD-7800の在庫を問い合わせ、さっそく購入して取り付けた。

こんな一連の作業の感想をいくつか。

1.3年程度で交換するってのは少々不本意ではある。出張もあったし、実質3年分も走ってはいないのに。さびもないし、動作も問題ないのに。

2.重量・・・RD-7800のほうがRD-7700より、キッチンスケールで20gほど軽い。あんまり変わらない。で、軽量になっている原因はおそらく、黒くなったプレートが殆どだろうと思う。

3.上記1、2から考えて、壊れさえしなければ買い換える必要はなかったな・・・・・

4.交換理由・・・交換を決断したのは、ひとつは値段。安いような気がした(錯覚かもしれないが)。昔は変速機といえばパーツの中でも最も高価な部類だった。少なくとも少年の私にはそう思えた。RD-7800といっても、当時の私の憧れのユーレージュビリーとかサンプレプレステージより安いじゃないか・・・などと自分勝手に考えた。

5.10速化・・・ は、まだしない。ペダル、クランク、BBに加え、今回、RDが78系になったが、9速でとくに不便は感じない。STIは9Sデュラが結構気に入っている。スペアとして、STI用の新品ブラケットも新品フェイスプレートも、未使用で保管してある。9速のスプロケットもいくつかあって、1つは新品だ。まだ9速で、たぶん、いける。いくのだ。

|

« 面白い本・・・ロードバイクの科学。 | トップページ | ピナレロジャージ »

コメント

あった、あった!
やはり同じような状態を経験されている人がいるんですね。私のRD-7700もヘリサート(合金製のねじ山)が外れかけてボルトが締まらなくなりました。
本体のねじ山はあまり損傷していないようなので、念のためタップを通してから新しいヘリサートを入れてみようと思います(元のヘリサートは変形していました)。工具(専用タップと挿入具)代が5000円ほどしましたが、7700をまだ使いたいので・・・とはいえ、修理に失敗したらRDを買い換えるしかなく、しかも7700は手に入らないので7800との互換性は?と検索していてここに来たわけです。おかげで、最悪7800に換えればよいことがわかったので安心しました。

投稿: watancho | 2010年8月23日 (月) 19時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/41203951

この記事へのトラックバック一覧です: RD-7700故障→RD-7800へ:

« 面白い本・・・ロードバイクの科学。 | トップページ | ピナレロジャージ »