« CS200のスピードロスト・・・その後 | トップページ | バリ島旅行。(2) »

2008年4月 6日 (日)

バリ島旅行。

家族でバリ島に行って来た。3度目の、家族でのバリ旅行である。

雨期の終盤で、毎日、午後はスコールに見舞われた。折角の旅行なのに雨ばかり、と言いたいところだが、それもまた良いものだ。

行ってみて良かったところを簡潔に紹介します。

ワルンサテ
Imga00701 ナシチャンプルがおいしい食堂。雑誌でこの名前で紹介されていたし、予約の電話しても「ワルンサテです」と言っていたんだけど、どうも「バンブーカフェ」と言わないと誰も判らないらしかった。実際、店にも「バンブーカフェ」って看板(垂れ幕?)があるし、ワルンサテなんてどこにも書いていない。

場所はヌサドゥアの北、ベノアビーチの通りにある。タクシーの運転手、乗るときには「良く知ってる」と言っていたんだけど、べノアビーチを端まで、店の看板を見ながら走行し、それから道行く人に聞きまくって、最後にバンブーカフェに入って行って、バンブーカフェ、またの名をワルンサテ、ということを確かめてきた。半信半疑だったが、予約帳に私の名前があったので、間違いはない。

ちなみに・・・店はホテル間の送迎サービスをしてくれるので、予約の時に送迎の車を頼むのが賢明(というか、普通のこと)です。

店は私達家族だけだった。料理はおいしかった。3人で25万ルピアぐらい。量は少ないようで意外と多かった。デザートのフルーツもおいしかった。

食事している途中で雨が降り出した。茅葺の屋根に降る雨を眺めながら食事するのもなかなか良い感じだった。

インティクリット
Imga00861 革製品を作ってくれる工房。スミニャックのオベロイ通りにある。革の財布を作ってもらった。多少、変ったデザインだったので、伝えるのに苦労した。しかし一旦理解したら、的確な質問が返ってくるようになったりと、技術力があることが伺えた。

2日間で作ってもらって、出来上がったものをホテルに持ってきてもらった。一品ものオーダーとしては思ったより安かったし、約束通りの期日で指定場所(ホテル)に持ってきてくれたし、仕上がりも良く大変満足している。

アースカフェ
スミニャックのオベロイ通りにある、自然食材のカフェ。自然食材の店に隣接してカフェがある。自然食材ってことでカラダにはよさそうなんだけど、味のほうは、ちょっと中東系かな? イランに行った時の事を思い出した。アースカフェの料理は、西インド~トルコあたりって確かこんな味だったという味だった。

サマサマ
Imga00871_2 ヌサドゥアにある焼肉やさん。ここも、紹介記事を見て電話して予約して行ってみた。予約の時に「(電話で話すのには)日本語、英語、インドネシア語、どれが良い?」と、こちらから聞いたら「インドネシア語」と言われ、インドネシア語で予約することになったので、店では日本語は通じないのかな、と思っていたが、そんなことは全然なかった。

「様様」と描いた暖簾がかかっているし、入り口に、バリ在住日本人の野球大会(だったかな?)の案内が出ている。メニューも日本語があるし、店員も日本語ができる。焼肉もうまい。サイドディッシュとか店員の対応とかから、日本式と韓国式のミックスみたいな感じがした。

セットメニューや食べ放題飲み放題もあるようだったが、私達家族はそんなに食べないので、良い肉を少しづつ食べた。大変おいしかった。ビールも飲んで、日本円で一人3000円ぐらいだった。大満足であった。

(続く)

|

« CS200のスピードロスト・・・その後 | トップページ | バリ島旅行。(2) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/40891977

この記事へのトラックバック一覧です: バリ島旅行。:

« CS200のスピードロスト・・・その後 | トップページ | バリ島旅行。(2) »