« バリ島旅行。 | トップページ | 一面の菜の花畑再び。中国です。 »

2008年4月 8日 (火)

バリ島旅行。(2)

モンキーフォレスト

以前、ウブドゥに来たときは中には入らなかったモンキーフォレスト。今回は、家族3人分25000ルピアを払って、入園してみた。

雨季の終盤の、毎夕方には激しい雨が降る時節柄のせいか、森中が湿気に満ちていた。お寺の石の門、石の彫像、ことごとく緑の苔に覆われていた。なんだか別世界。そして予想以上に沢山の猿がいる。ここでは猿は神聖な生き物として扱われている。人間を恐れないし、自己主張も強い。うっかり噛まれると狂犬病ワクチンのお世話になることになるので注意が必要である。

Imga0106_001_2

谷底にある水の神殿は、なんだかヒトケもなく、苔に覆われていて、一見の価値がある。

バトゥブラン村

石月村である。石彫り細工というか、石の店が立ち並ぶ村。ウブドゥとデンパサールの間ぐらいに位置する。バリのいろんな場所で普通に見られる石の彫像が欲しくて、行ってみた。

Imga01301 特に、蛙の石像で、口から水がでるモノが欲しくて探した。蛙なら、大きいものから小さいものまで比較的多くあるが、中を水が通るようになっているものは少なかった。どうやらオーダーメイドで作るのが普通のようで、並べてあるのは余ったものかサンプルかなにからしい。

オーダーしている時間はないので、並んでいるのから選んで買った。3体で値段は・・・ 数千円といっておこう。実は値段交渉の最初に、後ろにいた職人さんが「リマリブゥ・・・」と口走ったのを聞いてしまったので、多分、実際の値段はとても安いのだと思う。ちなみに、「リマリブ」っていうのは5000のことで、現レートだと、たったの60円そこそこである。

トラギアデパート

ヌサドゥア地区の便利なデパート・・・だったのだが、2年前に閉店していた。ショック。ハーディーズ(?)や、ミニストップなどが台頭してきて、レジ式スーパーのハシリとしての役目を終えたということだろう。トラギアの前の通りも様変わりしていた。

KFCヌサドゥア

銀色夏生さんの本に、バリ島のKFCは一味違う、おいしいと書いてあったので、一度食べてみたかった。

今は空ビルになってしまっているトラギアのとなりのKFCはかろうじて営業していたが、暇そうだった。私が店に入って、テイクアウトの注文をしていたら、レジに店員が5人も集まってきた。インドネシア語で注文し、お金を出し、おつりを受け渡すときにレジ係が「リマプルリブゥ・・・ヨンマン・・・」と言ったので「ゴマンだね」と修正したら、5人が口々に「オー、オランジパン(日本人)・・」みたいに言い出して、それからインドネシア語で色々聞かれた。ものすごく暇なのだ。

|

« バリ島旅行。 | トップページ | 一面の菜の花畑再び。中国です。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/41068743

この記事へのトラックバック一覧です: バリ島旅行。(2):

« バリ島旅行。 | トップページ | 一面の菜の花畑再び。中国です。 »