« ソウル最後の雪。 | トップページ | ソウル、私の今昔 »

2007年3月10日 (土)

ソウルを去るとき。

またも突然だが、韓国駐在が終わった。韓国は日本から近い事もあり、短期出張の機会は今後もあるだろう。だが駐在は終りだ。

英国駐在の時とは様子がかなり違っていて、歓送会は飲み会だったし、移動日が出社日の翌日だったので最終出社日はいつもとかわらず午後11時ごろまで仕事していた。帰国の現実感がなく、荷造りも全くしていなかった。

Imgp63591 帰宅後、ダンボールを2つ調達し、午前3時過ぎまでかかって荷造りした。翌朝午前7時に起床し、最終の朝食を作り、最終の荷造りをし、部屋をでてこれまで10ヶ月分の電話代を払い、タクシーを呼んでもらって扉を出て、ソウル駐在生活は終わった。

ソウルからインチョン空港へのバスの車窓からみるソウルは、黄砂で曇っていた。昨日の雪がきっと最後の雪で、ソウルにはもう春がくるのだろう。次は春のソウルの事を書くことになるのか、中国の事を書くことになるのか、いまのところは判らない。

|

« ソウル最後の雪。 | トップページ | ソウル、私の今昔 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/14218040

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルを去るとき。:

« ソウル最後の雪。 | トップページ | ソウル、私の今昔 »