« ソウルのT-Moneyカドゥ | トップページ | ソウルの飲酒運転取り締まり »

2007年1月10日 (水)

ソウル・まだあるクリスマスツリー

年末年始、結局、合計18日も日本にいた。18日!これほど長く日本に居たのは久しぶりだ。本来は1月2日に渡韓するところだったのだが、まず歯の治療のため、渡韓を5日に延ばした。そうしたところに4日夜に義父が亡くなり、葬儀のため渡韓は10日に延びた。

そういうわけで本日10日、ソウルに戻った。

リムジンバスで江南の高級ホテル経由でソウルに戻る道すがらのこと。3つ目のバス停の「ノヴォテルアンバサダーホテル」で、バスの窓からふとロビーをみると、まだクリスマスツリーが飾ってあった。おや、と思って他のホテルを観察してみたが、どのホテルでもクリスマスツリーはまだある。ツリーはおろか、電飾からなにから、全くクリスマス時分の飾りつけのままだった。

Esimg059 バスから街を良く見ると、ホテルだけではなくコンビニも駅もオフィスビルのロビーも、クリスマスツリーは出しっぱなしだ。クリスマスツリーだけではない、リース類や垂れ幕の類、夜になると植栽の豆電球もピカピカギラギラに光っている。クリスマス時分と変わりがない。

韓国人エンジニア曰く「これは普通のことです、まあ少なくとも、1月中にはなくなるでしょう」とのこと。韓国では正月の休みは1月1日の1日だけであるし、太陽暦の新年だからといってあまりアラタマッタ気持ちにはならないのかも知れない。新年になったら気持ちが全く本当に入れ替わってしまうような心モチになったりはしないらしい。正月にクリスマスツリーがあったりすると、大変に違和感のある日本とは大分事情が違うようだ。

|

« ソウルのT-Moneyカドゥ | トップページ | ソウルの飲酒運転取り締まり »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/13447289

この記事へのトラックバック一覧です: ソウル・まだあるクリスマスツリー:

« ソウルのT-Moneyカドゥ | トップページ | ソウルの飲酒運転取り締まり »