« 「美女はつらいの」 | トップページ | ソウル・まだあるクリスマスツリー »

2006年12月21日 (木)

ソウルのT-Moneyカドゥ

ソウルの地下鉄やバスやコンビニ(GS25)で使えるT-Moneyカード。最初にデポジットに2500ウォンぐらい払って、クレジットとして20000ウォンぐらい入金しておけば当面は安心だ。

デポジットの額が一桁違うものの、デポジットを払い、クレジットをいくらか入れておく点は、ロンドン市と同じである。

このカードにクレジットをチャージする方法はいくつかあるが、最も簡単なのは地下鉄駅の窓口。T-moneyカードとお金(2万ウォンぐらい)を一緒に窓口だせば、一言も喋らずとも、追加手続きをしてくれる。この窓口に来てカードとお金を出しておきながら、よもやチャージ以外の他の用事だという人はいないだろう、と、お互いに了解していると言えるだろう。機械で韓国語と格闘しながらチャージするより簡単だ。

始めて韓国に行った、というか、放り込まれた日、ヒトコトも韓国語が喋れないにも関わらず翌朝から地下鉄に乗る必要があったので、少しネットで調べて必要事項(数字だけ)を紙に書いて独りで午後11時頃にGS25に行きTmoneyカードを購入した。今思えばレジの女の子2人は英語も日本語もインドネシア語も話さなかったがとても親切だったし、私も韓国語を全く話せない状態で良く買えたものだと思う。成せば成るものだ。

このT-Moneyカード、実はカード型ではなくて、小型の、メモリースティックサイズのモノも存在する。キーホルダー程度の大きさで大変に使いやすそうだ。私もとても欲しいのだが、持っている韓国人に聞いても「昔タマタマ手に入れたが、今では入手方法は不明だ」ということなんだそうだ。

|

« 「美女はつらいの」 | トップページ | ソウル・まだあるクリスマスツリー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/13156342

この記事へのトラックバック一覧です: ソウルのT-Moneyカドゥ:

« 「美女はつらいの」 | トップページ | ソウル・まだあるクリスマスツリー »