« ロンドンへ・・大混雑の成田から | トップページ | ロンドン、懐かしい事 »

2006年10月 8日 (日)

本来の場所(2)ロンドン編

10月7日、再びヒースロー空港に降り立った。5月2日以来、158日振りのイギリスである。

大混雑の成田を後にし約12時間。あっというまだった。機内では映画「CLICK」(邦題『もしも昨日が選べたら』)を観て涙した。飛行機に乗ると涙腺が緩めになるのは毎度のことだ。

ロンドンは快晴だった。気温は17度程度。暖かい。いや、暑い。ヒースローからピカデリーラインでアールズコートへ行き、ハイストリートケンジントンの南の、本日のホテルに到着した。空港、地下鉄、街の様子。なんら違和感がない。

Oct7ホテルの窓からロンドンの街を眺めていた。日没の時刻だった。アールズコートが左手に見えるから、ヒースロー空港方面を一望しているらしい。飛行機が飛んでいくのが見える。

食事のために街に出た。本当に自分がロンドンにいるのか、強く実感するために、セントラルに向かった。

ピカデリーサーカスでエロス像を見て、ジャパンセンターで食事をして、そこからワザワザウォータールー駅まで行って、初めてロンドンを見た時のルートを再現してみた。

明るい月夜だった。ロンドンアイ、水族館、マリオット、ビッグベン、パリアメント、ウェストミンスター界隈、ホースガーズにトラファルガー広場と歩いた。確かにロンドンだ。だが未だに実感ができない。実感ができないというか、とても日常的な感覚しか沸かない。ひょっとして、ここが自分が本来居るべき所なのではないかという錯覚さえ憶えた。

|

« ロンドンへ・・大混雑の成田から | トップページ | ロンドン、懐かしい事 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/12468822

この記事へのトラックバック一覧です: 本来の場所(2)ロンドン編:

« ロンドンへ・・大混雑の成田から | トップページ | ロンドン、懐かしい事 »