« 巨大カキ氷 | トップページ | ソウルのバス »

2006年8月14日 (月)

北漢山登頂

Imgp3711 先週に続き、北漢山に行って来た。今回は地図持参で、迷うことなく山頂に到達した。

先週と同じ吉音から、今回は110番のバスに乗り登山口へ到着した。それから2時間半後、午後1時丁度にペクンデ(白雲台、백운대)に到達した。

北漢山には幾つもの頂があるが、ペクンデが最高峰である。隣には2つの頂、一方は巨大な岩山インスボン、もうひとつは奇岩のマンギョンデが、それぞれ聳えている。隣といっても尾根続きのような感じではなく、それぞれ巨大な岩、というか石である。もしこれらの2つ山頂が登頂可能であったなら私の課題も増えたところであるが、マンギョンデは立ち入り禁止で登れず、インスボンは世界的なロッククライミングコースであり私のようなナンチャッテ山男には登れない。そんなわけで、一般人が登れるのはペクンデだけである。でも最高峰である。そんなワケで自分としては大変満足であった。

Imgp3717 私の登頂した8月13日は大変に天気も良く見晴らしも良く、遠くの頂まで良く見えた。となりのマンギョンデ、インスボンを含め、石の頂きが遠くまでずっと続く。これほど見通しが良い日はなかなかないらしい。この点でも大変満足した。

私は吉音からチョンルンのチケット売り場を経由して2時間半かけて登頂したので、それなりの装備で、また、それなりの達成感があったが、どうもウイドン方面から登ってくる人々はずっと軽装で気軽なようだ。私のコースだと、衛門でウイドン方面からの登山客と合流する。この衛門で人がどっと増える。どうやらウイドン方面からだと1時間半ぐらいで衛門につくらしい。そして衛門からペクンデ頂上までは、ほんの数十分だ。数十分だが、ワイヤーづたいに石を登るコースでスリルがある。そして山頂は絶景だ。

Imgp3728北漢山国立公園は緑に包まれた森で、実は見晴らしはあまり良くないのだが、其々のピークは別だ。岩、というか、巨大な石を下から見上げて「あそこまで登るのか?」と思う間もなく、その後数十分で岩肌をロープをつたい景色を観ながら一気に高度をかせぎ山頂へ登る感じはなんとも素晴らしい。

都心から近く、運動量も適度で、かつ眺望は最高でソウルの街を一望できる。ソウル滞在で体がなまっている方々、オススメします。

TIPS:■コースは往路처수동→ 보국문→ 대돔문→ 동장대→ 위문→ 백운대、復路は逆にたどった。登り2時間半、下り2時間での往復であった。■どこも岩がちなので、トレッキングシューズが宜しいでしょう。■ワイヤーを掴むので、手袋があったほうがよい。■水場は(1)보국문までの間の登りに一箇所。水量も豊富で水も綺麗で、冷たい。出発から45分ぐらいのところ。(2)ペクンデまであと一時間のところに一箇所。水量の少ない湧き水をためたものなので、午後になると水が少なく、また、ぬるくなっている。■途中に売店などは一切ない。

|

« 巨大カキ氷 | トップページ | ソウルのバス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/11439382

この記事へのトラックバック一覧です: 北漢山登頂:

» 共感してくれる人がいるって事 [優希]
ブログを始めて良かったと思う事は私と同じように悩んでる人、私と言う人間を知ろうとしてくれる人に本当にちっぽけで、何も出来ない私でも知ってもらえる価値がある、生きてる意味がある、そう思える瞬間がある事・・・・ [続きを読む]

受信: 2006年8月23日 (水) 02時26分

« 巨大カキ氷 | トップページ | ソウルのバス »