« 韓国サラリーマンの日常 | トップページ | キムチは辛くない »

2006年7月 3日 (月)

漢江の自転車道

自転車に乗りたい。韓国に来てからも、そう思ってはいるものの、なにしろ慣れない右側通行だし、交通事情がアジアっぽくて歩道でもバイクが走ってきたりと油断できないしで、あまり気がすすまなかった。先週末に、ふと思い立ってジャムシルあたりからサムソン駅まで漢江(ハンガン)沿いを歩いてみた。ハンガンはソウルの真ん中を流れる大河だ。ソウルの南という人もいるかもしれないが、江南に住んでいる私には、真ん中に思える。ともかく、ハンガン沿いには意外としっかりした自転車道があり、また、案外と自転車趣味の人が多いことも判った。

ハンガン沿いの自転車道は舗装されているし中央線もあるしでなかなか走りやすそうだ。そんな自転車道を歩きながら、思い思いの服装とポジションでいろんな人が自転車を楽しんでいるのを目にした。皆さん、ペダル回転数(ケイデンスなどといいます)がかなり遅いので、ホントに楽しみで乗っている感じだ。変り種自転車、タンデム、ローラーブレードの人、ジョギングの人、凧を揚げながら歩いている人など、自由気ままだ。

Imgp30911 自転車道を歩き始めて、まずはマウンテンバイクっぽいのを数台見た。道の感じからしてローディーが多かろうと思っていたが、2時間ほどあるいて見てもロードは殆どいなかった。皆無だったといえる。高級な自転車はDH系だった。昼過ぎにはコアなローディーはもう走らないのかな?それとも、この一見どこまでも平らで舗装された自転車道のどこかにシングルトラックでもあるのかな?

ともかく、どこまでも信号も交差点もなく、かなり遠くまで川沿いの自転車道は続いているようだ。やはり韓国でも自転車生活か、と、少しそんな気持ちになった。

|

« 韓国サラリーマンの日常 | トップページ | キムチは辛くない »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/10792306

この記事へのトラックバック一覧です: 漢江の自転車道:

« 韓国サラリーマンの日常 | トップページ | キムチは辛くない »