« 毎晩フランス | トップページ | チャンマ »

2006年7月27日 (木)

PDAというモノ - W-ZERO3 [es]

Imgp3485 買ってしまった。w-zero3[es]。韓国在住なのに。このブログには一度も書いたことがないが、私は永年こうしたPDAを酷使している。ジョルナダ690の頃はノキアNM502iを使ってダイアルアップして使っていた。それから最初のクリエS500Cを購入、クリエの新製品が出るたびにN600C, N700C, N750C, T650Cと買い替えていた。所謂ホームページも開いていた。一番幸せだったのはクリエのT650Cの頃。リモコンが付いていたので、空港のテレビを勝手にこっそり変えたりして楽しんでいた。グラフィティもブラインドで入力できるほどに習熟した。

T650以降は躯体が大きくなったので買い換えずにいた。hpからh1920が発売となり、その大きさ、軽さ、なんとか使えそうなPPC2003を考慮して買い換えた。ソフトの少なさやデータの移行に苦労し、一度Palmにもどったりしたものの、その後h4150に買い替え、それなりに幸せな時を過ごしていた。時代はすっかり携帯に移り、ソフトもハードも開発はすべて携帯向きになってしまっていた。新製品には魅力がなく、h4150の魅惑のボディーから買い換える必要はもう無いと思っていた。

だがやはり、本人がいくら幸せでも、買い換えることになる運命なのだ。クリエを買った当初、とある方から「永遠に買い換える運命」となることを告げられた。全くその通りになっている。

w-zero3[es]は、判ってはいたが大きくて重い。画面も小さい。しかしきっと新しいなにかを運んでくることだろう。韓国ではW-SIMも全く役に立たないが、ヨシとする。いままでだって、買い換えるたびに「前のモデルがよかったな~」と少なからず思ってきたのだから。

w-zero3[es]の使用感など、オイオイ伝えていくつもり・・・は、あまり無い。私はすでに枯れたPDA使いなのだ。

ともかく本日の収穫は、ジョルナダ時代に作ったホームページがいまだに現役だと判ったことだ。わずか6年、しかしモバイルを取り巻く環境は大きく変わったものだ。

|

« 毎晩フランス | トップページ | チャンマ »

コメント

韓国まで取り寄せるとは…恐れ入りました。WCDMAでのWin5.0が出たら買いなんですが。ところで、携帯電話としては使わないんですか?

投稿: ymd | 2006年8月 9日 (水) 05時11分

日本に居れば携帯として使います。しかし通話していると画面に汗がついてしまうので、あまり使いたくない。

投稿: 作者 | 2006年8月 9日 (水) 05時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/11248777

この記事へのトラックバック一覧です: PDAというモノ - W-ZERO3 [es]:

» PDAというモノ [cherieramirez]
nice.. [続きを読む]

受信: 2006年8月 3日 (木) 13時28分

« 毎晩フランス | トップページ | チャンマ »