« アーセナル決勝進出 | トップページ | ガソリンの値段 »

2006年4月26日 (水)

イングランド南部・最近の気温と霧

もうすぐ5月、日本ではジャンバーなど着ている人はいないのではないか。先日ネットのニュースで拝見した、埼京線隆起事件で山手線を徒歩で歩く皆さんの様子は、まるで真夏のように見えた。

当地はまだ朝晩は冷える。ジャンパーは必要で、時には手袋も欲しいことがある。服装は人それぞれで、長袖シャツだけの人もいれば、コートの人もいる。半袖の人もいることはいるが、その人は季節に因らず年中半袖なので参考にはならない。気温は天気予報によると日中の最高気温は14度ほど。朝晩は6度ぐらい。

Imgp22981 

温度差のある空気が出入りするせいか、朝晩は、このところ毎日濃い霧がでている。霧のロンドンを連想される方もいるかもしれないが、霧のロンドンは私はあまりイメージが沸かない。先日訪問した「霧のドーバー」のほうがぴったりくる。

霧といえば、霧が晴れる様子で私が思い出すのは、ジェラールドパルデュー主演の映画「コロンブス」のインド諸島発見のシーンだ。ラストシーン近くでも再登場したし、印象深い。同年代のかたには賛同されるかたもいるのではなかろうか。霧に拘らず、事象から何を連想するかは年齢推定の指標になるかもしれない。

そういえば本日、ネットのニュースで、「最初はグー、サイトウケン」という言葉を見た。一体何のことかサッパリ判らない。若い人の言葉なのか、それともお年寄りのものなのかさえ、わからない。あっちむいてホイで「最初はグー」といい始めたドリフのケンちゃんよりは後だと推測するのだが・・・。これも年齢の指標になるキーワードなのだろうか。

|

« アーセナル決勝進出 | トップページ | ガソリンの値段 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/9782055

この記事へのトラックバック一覧です: イングランド南部・最近の気温と霧:

« アーセナル決勝進出 | トップページ | ガソリンの値段 »