« オックスフォードアゲイン | トップページ | 春先は »

2006年4月19日 (水)

ハンプシャーを自転車で

イースター休暇の最終日、自転車でハンプシャーの丘陵地を走り回った。

今回は「ハンプシャーサイクルツアーズ」という本に書いてある通りのコースを通った。これまでは自分で地図を睨んでコースを設定していた。エムスワースで高速道路につっこみそうになったりオールドウィンチェスターヒルでは泥にはまったりしていたが、今回は違う。草原の中の一本道や、見晴らしの良い丘の道、藁葺き屋根の集落、小川の流れる草原や羊の放牧。なにもかも美しい。道路は舗装されているがクルマが通ることは殆どない。乗馬の人達とすれ違ったり追い抜いたりするたびに挨拶を交わす。もちろん自転車の人とも。

先立ち(せんだち)はあらまほしきことなり、と兼好法師も言っている。まさにその通りだ。紹介されたコースは地図で見ると一見遠回りだが、信じてコースどおりに走ると本当に走りやすい。舗装された道路は全面的に使い放題。クルマはおろか、バイク、自転車、歩行者すら、なし。見渡す限り、時間が止まったようなイギリスの田舎風景と、自分だけ。羊や馬の放牧地を見ながら、道路脇の草むらのウサギと並走する。そんな感じだ。

Imgp2105

そんな道が一旦終り、村落を抜け、再び草原に入るときなど「え、ここを通るの?」と、一瞬疑いたくなるような場所もある。この先、農場になっていて行き止まりじゃないのか、薄暗いし、ひょっとして、また泥にはまるんじゃないのか・・・とか。しかし「ロード用」として紹介されている今回のルートはやはりロード用だ。信じてほんの少し荒れた道を走ると、途端にまた、ハンプシャーの丘陵地を走り抜ける絶景の美しい道が目の前に現れる。

Imgp21061

そんなときは思わずニタニタしてしまう。ニタニタしたまま、「うひゃーなんじゃこりゃー」と独り叫び、首をグルグルと廻して景色を見回しながら、舗装路を快適に走る。信号なんてない。街灯もガードレールもない。標識も分岐道以外にはない。広告看板なんてない。時々「フットパス」と彫られた、遊歩道への木の札があるが、木で出来ていて、雰囲気を壊すことがない。

Imgp21131

イギリスの田舎道を自転車で走る、これはオススメだ。出来れば先ずは、CTCなどの走行会に参加してマナーを学ぶというか感じてからが良いかもしれない。マナーを知り、馬やクルマや他のサイクリストとどのように田舎道を共有するかを知っておけば、楽しみは倍増だ。

私でない誰かがこのコースをたどり、「うひゃー」と叫ぶことを願いつつ、コースを紹介しておきます。

Soberton Towers発(周回コースなのでどこから走り始めてもいいが、ポートソレントの自宅から一番近いのでここから紹介します。自宅から近いといってもポーツダウンズの丘を越え15kmある)

Droxford --> Meonstoke (川がきれい) --> Exton (小さな橋があり、裏庭が川になっている家がある!) --> Beacon Hillへの登り(長いが、覚悟してゆっくりのぼればさほどでもない) --> 頂上から少しくだった3差路は右 --> 気持ちよく下る途中のフォークを右に。ソルトレーンを横切る --> Brockwood Park付近までは概ね下り -->A272を横切る --> WestMeon Woodlands, 3差路で電話ボックスとポストを見つけたら左へ --> Bramdean Common, "Alresford"と"Ropley Dean"方面にひた走る --> Ropley Deanでランドアバウト。 Bishop Sutton方面へ。 --> New Alresford --> B3046をCheriton方面へ。この付近からティッチボーンへは寄り道になるが、"Tichborne"の看板にしたがっていけばよい。--> Cheriton (川が流れる小さな美しい町)街の南の端の3差路を Bishop Waltham方面へ。--> A272を横切る。Bishop Walthem方面へ。-->坂を上ったところに The Milbury's というパブがある交差点がある。右折(Winchester方面) --> Lane Endで左折。ここは判りにくいかもしれない。Lane Endと書いてある案内板が、右側に立っている。Lower Upham方面へ。--> Upham。街中は道が判りにくいが、"Bishop Waltham"への看板をたどる。 --> Bishop Waltham。大き目の街。坂を上って町中を抜けていく。Swanmoreへの看板をたどる。--> Swanmore。閑静な住宅街という感じ。街を抜けて、坂を下ったところに目立つパブ「Hunters Inn」があるので、左折して坂を上る。-->Soberton行きの看板をたどる。

Soberton Towers着。この周回だけであれば、走行距離は60キロ足らず。BeaconHillが一番高いところだが、それでも標高130m。

|

« オックスフォードアゲイン | トップページ | 春先は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/9671208

この記事へのトラックバック一覧です: ハンプシャーを自転車で:

« オックスフォードアゲイン | トップページ | 春先は »