« イングランド南部・最近の気温と霧 | トップページ | 8時だよ  (日が長い話) »

2006年4月27日 (木)

ガソリンの値段

ガソリンの値段が世界的に急騰しているらしい。ここイングランドも例外ではない。以前は1リッター84ペンスぐらい(175円ぐらい)だったのが、このところ97ペンスぐらい(200円以上)に値上がりしている。

意外と値上幅は少ないと思われるかもしれない。あるいは、もともとが高いと思われるかもしれない。日本は値上がり後がリッター130円ぐらいだそうで、額面だけ比べるとイギリスは随分高い。

アメリカでも急騰しているというが、きっと今までが安すぎたのではなかろうか。1ガロン4ドル近辺だそうだ。1 US gallon (liquid)は 3.7854 リットルだがこれで換算していいのかな?そうすると、リッター116円ぐらいか。この値段なら正常な感じがする。旧来は1ドル前後だったっていうのだから、リッター30円ぐらいだったわけだ。かつては随分安かったのだ。

インドネシアに居た頃、スハルト政権崩壊後の1999年2月、ハビビ政権下で燃料費の大幅値上げが発表されたときの、値上げ前夜のことを思い出す。ガソリンスタンドには長蛇の列が出来ていた。普段さして並ぶことのない国民性なので、列というか長い長い人だかりだった。ガソリンなのに、ポリ容器にまとめ買いしてた。近くでタバコも吸っていたような気がする。

今後さらに値上がりが続き、もしも異常に高騰したら、イングランドでもインドネシアのような騒ぎになるだろうか。行儀良く並ぶだろうか(きっと並ぶだろう)。国により値段もそれぞれ、国民性を反映して反応も様々だが、我々庶民にとって燃料費が常に切実な問題だというコトは世界共通だ。

|

« イングランド南部・最近の気温と霧 | トップページ | 8時だよ  (日が長い話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/9782063

この記事へのトラックバック一覧です: ガソリンの値段:

« イングランド南部・最近の気温と霧 | トップページ | 8時だよ  (日が長い話) »