« ヒストリックヤードポーツマス | トップページ | ミュンヘン »

2006年4月12日 (水)

イースター

イースター。詳しいことは良く知らない。子供のころから、聞いたことだけはあった。トムとジェリーで、ヒヨコかなにかが「イースターおめでとう イースターおめでとう」と連呼していたあの声は、いまだにちゃんと思い出せる。30年も前のことなのに。

当地イギリスではクリスマスと並ぶ、いや、クリスマス以上に重要な行事なんだそうだ。春分の日の次の満月の次の日曜がイースターサンデーとなる。なので、毎年、イースターの日は変わる。今年は4月16日だ。

イースターから数えて40日前から、即ちカーニバルから後は、卵や油の食事を控えるそうなので、行事としてのスパンは長いらしい。今週は実はキリスト受難の週というかなんというか、そんな重要な週だったんだそうだ。たとえば水曜は使途の足を洗った日、本日木曜は最後の晩餐の日。そして明日がグッドフライデー、キリストがゴルゴダの丘に磔にされた日だ。全然知らなかった。

Easter2006apr 会社は金曜から月曜まで、4連休となる。この連休から本格的レジャーシーズンとなる。日本のゴールデンウィークに相当するといえる。日本のゴールデンウィークと同様、人気の宿泊施設はかなり前もって予約していないと取れない。日本と違うのは交通機関で、ストしたり、エンジニアリングワークのため運休がちになったりする。

テスコでは金銀のチョコレート製イースターエッグを多数販売していて、なかなかの盛況ぶりだが、私は買わない。買うわけがない。周りの英国エンジニア連中も、混雑するとか、母の看護がとか、色々な事情から、抜群の予定を入れている人はいない様子だ。

私見だがキリスト教の行事とは、エテシテ厳かな静かなものだ。そして、誰もが休む。どちらかというと、その前後に楽しみがあるように見受けられる。イースターはいわば節食明け、イースター後には観光施設も本格営業で、レジャー満開となるのだろう。

|

« ヒストリックヤードポーツマス | トップページ | ミュンヘン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/9576177

この記事へのトラックバック一覧です: イースター:

« ヒストリックヤードポーツマス | トップページ | ミュンヘン »