« 会社を去るとき (ピーターの場合) | トップページ | 風呂への憧憬 »

2006年4月30日 (日)

ステイドアップポンペイ!

またも奇跡が起きた。また、ポーツマスが勝った。バーミンガムが引き分けたので、ポーツマスは来季もプレミアリーグでプレイすることが決まった。

29日の相手はウィーガンだった。ポーツマスに比べれば上位で、今期順位は上から数えたほうが早い。下から数えてもそれほど変わらないが。ともかく、順位で言えば、ウィーガンのほうがうえだ。

偶然ポーツマスとウィーガンの間(?)のA34をクルマで走っていて、ポーツマスファンの車が北上していくのをみた。これから、きっと応援なのだ。そう思ってみていた。

試合は先週の再現を見ているようだった。先ずは先制され、「やっぱりダメか」と、ちょっと思った。でも、今までと違う、このところのポーツマスは「きっと、やってくれる」と思わせる。

後半同点に追いつき、さらに相手がPKエリアでハンドし、PKとなった。先週と同じ展開だ。相手のハンドは、まるでヴァレーボールのブロックみたいで、ハンドした選手はあまりの酷さに即退場となってしまっていた。

PKを決めて勝ち越し。試合が終わって勝ち点3獲得。同時刻に試合が行われていたバーミンガムの試合結果によっては、残留が確定する。ポーツマスは一足先に試合が終り、結果を待っていた。バーミンガム同点で試合終了、プレミアリーグ残留の報を受け、喜びを爆発させた。

ポーツマス残留決定。これがチームにとっていかに大きな意味があるか、恐らく私の想像を軽く超えているだろう。一方で29日にニューカッスルと同点で終わったバーミンガムファンは、老若男女皆泣いていた。

ポンペイ、なんと土壇場に強いのだろうか。ここ8試合で5勝1敗2分。チャールトンには負けたが、アーセナルとは引き分けている。次の最終試合はリバプール戦だ。もし、万一、勝つことがあったら、アストンヴィラを抜いてもうひとつ順位が上がるかもしれない。頑張れポンペイ!

|

« 会社を去るとき (ピーターの場合) | トップページ | 風呂への憧憬 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/9858829

この記事へのトラックバック一覧です: ステイドアップポンペイ!:

« 会社を去るとき (ピーターの場合) | トップページ | 風呂への憧憬 »