« 朋あり遠方より来る | トップページ | ハンプシャーリライアビリティライド33マイル(後半) »

2006年4月10日 (月)

ハンプシャーリライアビリティライド33マイル(前半)

久しぶりに自転車走行会に参加した。距離は短く33マイル。午前中にみんなで走ろうという感じの走行会だ。

天気は最高、気候は少し肌寒いぐらいで大変良い感じ。ウィンドストッパーな上着とゴアテックスの手袋、長タイツで出発した。自宅からスタート地点までの18キロは集合時間に間に合わないかもと思ってとばしたのでバテた。これが一番きつかった。しかしスタート会場に到着し、参加料を払って登録を済ませ、仲間と走り始めるとペースもゆっくりで、前半はラクで快適だった。

33マイル、キロでいうと53キロほど。登録時に、「2時間半で走る?3時間半?」と聞かれたので「2時間半で。」と答えておいた。53キロを2時間半ならへっちゃらだ。自宅からスタート地点までのペースより随分遅い。大丈夫だ。

9時半になり、参加者と一緒に一斉に走り始めると、どうも全体的に2時間半のペースじゃない。すごく遅い。平地でも25キロぐらいだ。でも、天気も最高、ポカポカだし、集団で走るのはなんだか楽しいので、横に並んだ人と話しながら、集団の中にいた。

Imgp18751

日本で走る場合との大きな違いは、やはりどこまで行っても信号が全く無いということだろう。ハンプシャーの山の中は本当に全く信号なしと言ってよい。実際、33マイル中、一度たりともシューズをペダルから外すことは無かった。道路はキチンと舗装されているが、クルマがほとんど通らない。追い抜いたりすれ違う頻度からすると、乗馬の人達のほうが多いぐらいだ。そんなハンプシャーの自然の中を一度も止まらずに楽しく走っているうちに、中間地点のイーストメオン付近に差し掛かった。

イーストメオンへは一度来たことがある。以前来たときは、今回のコースとは逆方向だが同じ道を走った。以前来たときはすごい下り坂があった。その逆ということは、すごい登りがあるはずだ、と、警戒している間もなく登りになった。それまで、登りのたびに集団がバラけるので、徐々に上がるペースにあわせて先頭集団にいたのだが、この登りで完全においていかれた。風もなく、クルマも通らず、ただ自分の息遣いだけが聞こえる。景色は最高だが、鑑賞の余裕なし。(続く)

|

« 朋あり遠方より来る | トップページ | ハンプシャーリライアビリティライド33マイル(後半) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/9526769

この記事へのトラックバック一覧です: ハンプシャーリライアビリティライド33マイル(前半):

« 朋あり遠方より来る | トップページ | ハンプシャーリライアビリティライド33マイル(後半) »