« ベォレイ(1) | トップページ | アーセナル決勝進出 »

2006年4月25日 (火)

ベォレイ(2)

Imgp2213ポーツマスからは案外近くて、M27とA337とA3056で30分ほどで「ベォレイ」に到着する。到着前から雰囲気満点のニューフォレストの道を、たくさんの馬や牛のいる低木の平原を走る。そして着いたベォレイの集落は、ベォレイ川に面し、川べりの草地を馬が勝手に歩いているような緑溢れる美しい場所。全てが作り物なのではないかと思えるほど、あまりにも全てが調和した美しさの中にある感じだった。

Imgp2218事前にネットで「クルマ博物館とお城と修道院のセットで15ポンド」という情報を得ていたので、この美しい集落のなかに博物館や教会が点在するのだろうと思っていたのだが、違っていた。広い敷地の中にナショナルモーター博物館とお城と修道院跡、庭園などなどがある。その敷地にはいるのに15ポンドかかるわけだ。そして15ポンド払って入る敷地はすべて個人の持ち物なんだそうだ。その持ち主は、今でもお城に住んでいる。

Imgp2230お城まではお姉さんの運転するモノレールで移動したり、お城の公開部分(非公開部分には城主様が今でも住んでいる)には執事とメイドがいたり、教会と修道院跡では絶えず賛美歌が流れていたり、意外なところに従業員がスタンバイしていたり、と、なんだか他にはあまり経験したことのない雰囲気だった。とにかく、人手がかかっている。お客さんより働いている人のほうが多いんじゃないか。

Imgp2241クルマやボートや庭園やモノレール、レストランにPSP体験コーナーと盛りだくさん。それでも俗っぽくならず、煩雑な感じがないのは持ち主の趣味が良いせいだろうか。周囲のニューフォレスト、ベォレイの街並みなども含め、風光明媚なとても良い場所だと思う。

|

« ベォレイ(1) | トップページ | アーセナル決勝進出 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/9782023

この記事へのトラックバック一覧です: ベォレイ(2):

« ベォレイ(1) | トップページ | アーセナル決勝進出 »