« 駐車場事情(3) | トップページ | 雪が降る~ »

2006年3月 2日 (木)

国際親善試合、ウルグアイ戦

国際親善試合が世界各地で開催されたらしい。日本はたしかボスニアヘルツェゴビナとの対戦だったと思う。イングランドは昨日、ウルグアイと対戦した。BBCテレビで観戦した。

サッカーのことを書くのは4回目。十人十色プレミアリーグ考再考。だんだんと興味が沸いてきているのだが、サッカーのことはまだ良く知らない。そのはずなのに、ぶつぶつと、なにかと呟いている自分に気がついた。

イングランドチーム、前半の失点から後半に入ってもなかなか点が入らない。0対1のまま、後半途中の交替でクローチェが入ってきた。ベッカムとルーニーはベンチに下がった。私は異存ない。私は何度も「クローチェの頭に合わせろ」とつぶやいた。ん?私は何を言っているのだ?だが、なんてったって先日マンUを破ったリバプールのクローチェのヘッド一発が目に焼きついている。みんなもそうだろう。そして想定通り、ジョーコール(コール)からのボールをクローチェが頭で押し込んで同点とした。

このまま同点とかと思っていた後半ロスタイム、右サイドで奮闘していたライトフィリップスからのセンタリングをジョーコールが押し込んだ。その瞬間私は、「お~~ チェルシー!!」と叫んでいた。ん?私は今なんと言ったのだ?ライトフィリップスもコールも今期チェルシー所属だから当然の叫びか?

そしてイングランドが2対1で勝利した。

ともかく、つい3ヶ月前「十人十色」とか「価値が判らない」と言っていたのに、この毒されようはなんだろうか。イングランドでは誰でも毒されるのだろうか。いや~、サッカーって素晴らしいですね。

|

« 駐車場事情(3) | トップページ | 雪が降る~ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/8913401

この記事へのトラックバック一覧です: 国際親善試合、ウルグアイ戦:

« 駐車場事情(3) | トップページ | 雪が降る~ »