« 飛行機の不具合 | トップページ | 日本優勝、イギリスエンジニアの反応は »

2006年3月22日 (水)

日が長くなってきた話。

このところ急速に日が長くなってきた。そして、いよいよ春分の日となった。春分の日は日が長くなる速度が最大になる日だ。確かにと、実感できるほど、毎日朝が明るくなっていく。本日も6時ごろから明るかった。

Imgp1441低緯度地方と異なり、高緯度地方というのは年間を通じて太陽はナナメに移動するわけな ので、日の出日の入りに連動してスパッと朝になったり夜になったりする感じではない。日の出前から薄明るくなって、日の入りから随分時間が経ってもいつまでも薄明るいという感じだ。だから実は春分の日ともなると、薄明かりを含めて明るい時間というのは案外長い。

そして気がつけば、来週から夏時間に切り替わる。来る日曜日の午前2時に、時間が1時間進んで午前3時になる。サマータイムだ。もう夏も近いのだ。サ~マタ~~ィム。しかし気温はいまだに2度とか4度とか。なかなかあがらず、服装も真冬と同じだし、サマータイムといわれても戸惑うばかりだ。

|

« 飛行機の不具合 | トップページ | 日本優勝、イギリスエンジニアの反応は »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/9212370

この記事へのトラックバック一覧です: 日が長くなってきた話。:

« 飛行機の不具合 | トップページ | 日本優勝、イギリスエンジニアの反応は »