« 英国車仕様(1/3) | トップページ | サマータイム »

2006年3月25日 (土)

英国車仕様(2/3)

霜取り機能も必要な装備だ。ポーツマスだけかイギリス全体そうなのか知らないが、冬は、朝、霜がすごい。屋外に停めておくと、霜を取るのに時間がかかり、出発できるようになるまで数十分ということもある。だから霜取り機能は必須だ。なお、いまは私は屋内に停めていて問題ない。

内側も曇るので、後部窓の熱線は強力なものがついている。室内の湿度を低くし曇りを防止する機能もある。フロントグラスには、エアコンと別に、風を強力にフロントグラス内面に噴射する機能がついている。この送風を起動するボタンを押すと、外の音はおろかカーコンポの音楽も全く聞こえなくなってしまうほど、ウルサクて強力な送風だ。

霜といえば、霜のおかげで冬は天気が良くても道路は濡れている。泥はねがひどく車は大変に汚れる。フロント・リアともに、充分なウォッシャー液とワイパーが必須だ。

Car_board ライトの照射角を細かく調整できる。これは暗い道を走るとき便利だ。高速であっても街頭の類が全く無いところが多い。そんな場所ではライトの照射角を細かく調整できる機能が役にたつ。ハイビームにするとホントに眩しいので周囲に車が走っていると使えない。でも街中と同じ照射角では、高速走行時に先方の道路の状態が良く判らない。車速に見合った程度にすこし先を照らしたいときに角度を変えて調整できるのは便利だ。

盗難防止アラームは標準的に装備されている。私の車はダッシュボードの真ん中あたりに「非常口」みたいなマークがあり、そこが赤く点滅する。ドアロックをロック側に2度操作すると、起動する。高級車はドアロックの先端部分がLEDで小さく赤く点滅するようになっているものもある。かっこいい。

(続く)

|

« 英国車仕様(1/3) | トップページ | サマータイム »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/9260564

この記事へのトラックバック一覧です: 英国車仕様(2/3):

« 英国車仕様(1/3) | トップページ | サマータイム »