« イスラムの輝き | トップページ | パトカー体験 »

2006年2月20日 (月)

トラファルガーとトラガルファー

長いこと間違えて憶えているコトバがある。「英国」を冠したこのブログでも私はずっと間違えたままだったが、ついに今日、気がついた。トラファルガーが正しい。ずっとトラガルファーだと思っていた。

ネルソン提督のお膝元ポーツマス、砲台だって帆船だって博物館だってモニュメントだってトラファルガー海戦にまつわるものは沢山ある。なのに今までトラガルファーと思っていて一度も疑ったことがなかった。

トラガルファーって何だ?と、正しいほうが判った今では思う。辞書を引いてもトラガルファーなんて言葉はないらしい。しかし繰り返して言うが全く疑いがなかった。こんなことは案外ある。

シミュレーションとシュミレーションは良く間違う。正しいほうははっきりいつもシミュレーションだとわかっているが、喋りでは「どっちでもいいじゃん」的な気持ちであまり気をつかってない。いっそのこと「シミレーション」で統一すれば悩むこともなくなる。通じないけど。

歌だってそうだ。勘違いしていることがある。正確な題名は知らないがカッコーの歌「静かな湖畔の森のカゲから もー来ちゃいかがとカコがなく~」だと思っていた。しかしホントは「もう起きちゃいかがと」なんだそうだ。ホントのほうが無理やりだ。どう聞いたって「もーきちゃいかが」だ。もう来ちゃ?意味が判らん。でもいいのだ。どうせ、「もう来ちゃ」と歌いだすと同時に隣のヒトが待ってましたとばかりに大声で「静かな湖畔の」と歌いだすんだから、ダブって聞こえやしないのだ。あーうるさい。この歌は最初の「静かな湖畔の森のカゲから」と最後の「カコーカコーカコカコカコー」が正しけりゃいいのだ。真ん中の一節は鼻歌でもいいのだ。さま~ず大竹クンみたいに「ふんふふんふふんふふんふ ふんふふんふふ~」でいいのだ!

コーフンしてしまったがともかく、ポーツマスにいるからには失礼にならないよう、「トラファルガー」で統一することに決めた。決めたというか、それが正しい。このブログで過去間違えている箇所は修正しないでおきますので興味あるかたは探してみてください。

|

« イスラムの輝き | トップページ | パトカー体験 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/8765616

この記事へのトラックバック一覧です: トラファルガーとトラガルファー:

« イスラムの輝き | トップページ | パトカー体験 »