« 帰国して気づくこと | トップページ | 海外輪行。 »

2006年1月 6日 (金)

時差ボケと日光

時差ボケがきつい。先日日本に一時帰国したときはなんともなかったが、イギリスに戻ってから、どうもキツイ。勿論こうしたことは初めてではないのであって、自分なりの対処法をいつも通り実践しているのだが、今回はなかなか時差ボケが抜けない。

自分なりの対処法とは、別に大したことではない、渡航後は数日間、時差ボケが抜けるまでとにかく早寝早起きする。どっちみち朝早く目が覚めるんだからということで、仕事から帰ったら軽く食事し軽くシャワー浴びて、何もせずに寝てしまう。そして早暁3時とか4時に起きて、部屋で仕事したりする。数日で自然と宵っ張りになるので無理がない。

しかし今回は3日経っても順応しない。なぜかと考えて思い当たったのは日光だ。日光にあたらないと時差ボケが抜けないと言う人のことを聞いたことがある。そういえば、飛行機がヒースローに着陸したときから今まで、日光を浴びていない。ずっと雲が低く垂れ込めているままだ。朝は暗く、冬至を過ぎてなお日が短くなったかと思うほどだ。イギリスの冬は曇りがちと聞いていたがどうも本当のようだ。日光を浴びないと時差ボケが抜けにくいというのも、どうやら本当のようだ。

明日も明後日も晴れそうにない。時差ボケが抜けるのに時間がかかりそうだ。

Imgp0343

|

« 帰国して気づくこと | トップページ | 海外輪行。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/8037662

この記事へのトラックバック一覧です: 時差ボケと日光:

« 帰国して気づくこと | トップページ | 海外輪行。 »