« 伸ばす音 | トップページ | 楽しい忘年会。 »

2005年12月14日 (水)

長いクリスマス

クリスマスの話。コチラではクリスマスっていうのは長い。中弛みするぐらい、長い。ガイフォークスナイトが終わったら間髪入れずクリスマス商戦が始まる。ガイフォークスナイトは115日だから、なんだかとても早い。

Dscn660511月から商店街はクリスマスイルミネーション、サンタの帽子も売っている。11月なのに家族でサンタの帽子をかぶって買い物、なんてのは珍しくない。グリーティングカードだってプレゼントのラッピング用品だってツリーだってケーキだってプディングだって11月から売っている。

テレビのCMも盛り上がる。11月は明るくて快活でエレガントなCMが流れる。気分が盛り上がり、買い物したくなる。

Dscn6550 11月という月は、グリーティングカードを買って11月中に発送して、そろそろプレゼントも買おうかな、ツリーも今年の流行の黒がいいかな、という感じだ。雰囲気に飲まれてケーキを買ったりする人もいるかもしれない。仕事だって、11月のうちに12月のスケジュールを12月前半に固めてみたりする。

11月からそんな感じなので、12月に入ると、すっかりタルんでしまう。店に行っても、グリーティングカードの売り場は言うに及ばず、ツリーの飾りのコーナーやラッピンググッズコーナーはなんだかフレッシュさがなくなって、モノによっては既に安売りセールが始まっている。ケーキも売れているところを見ると、すでに2、3個はケーキを食したご家庭もあることだろう。プディングだって山と積んであったのが、おおかた無くなっている。テレビのCMも、すっかり落ち着いた雰囲気に替わっている。

12月の仕事場は各人受け取ったクリスマスカードが並び、クリスマスツリーが飾られ、仕事も片付いてすっかりクリスマスモード。オフィスの電気設計チームに1本白いツリーがあるなと思ってたら、たったいま新しい緑のツリーが運ばれてきて、CADチームに飾られた。まだ午後3時だが、英国人エンジニアたちが、丸い球やマフラーみたいなシャワシャワしたのとか、青や赤に点滅する電飾を真剣に飾っている。電飾をツリーに巻いたら相当余ったらしく、各デスクに電飾を置いている。自分の机に置かれた電飾を、工夫してろうそくに仕立ててしまったメンバーもいる。CADチームが一気にクリスマスキラキラモードになってしまった。

毎日がクリスマスだったらいいな~なんていう方もいますが、毎日だったらやっぱりダレる。日本のようにイブに一気に盛り上がる方が良いような気がする。コチラはこれで本番のクリスマスイブ・クリスマス当日になったら相当に地味らしい。やっとクリスマスだヤレヤレという雰囲気だろう。電飾は神戸や丸の内の方が数倍、いや数十倍綺麗。街に行っても店という店はマクドナルドなども含め全部しまるし、公共交通機関は全て止まってしまうし、寒いし日が短いしで、家に居る他なくなる。

よく「欧米ではクリスマスは家族と一緒に家で静かに過ごすのよ」と言われるが、きっと、他に行動しようが無いというのも理由のひとつだろう。

|

« 伸ばす音 | トップページ | 楽しい忘年会。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/7625798

この記事へのトラックバック一覧です: 長いクリスマス:

» CAD [デザインの杜]
CADCAD (キャド、Computer Aided Design)は、コンピュータ援用設計とも呼ばれ、コンピュータを用いて設計をすること。あるいはコンピュータによる設計支援ツールのこと(CADシステム)。CADを「コンピュータを用いた製図システム」と解する場合は Computer Assisted...... [続きを読む]

受信: 2005年12月14日 (水) 23時16分

« 伸ばす音 | トップページ | 楽しい忘年会。 »