« キュー | トップページ | ストーンヘンジと周辺 »

2005年12月11日 (日)

返却OK。

良く知られていることだとは思うが、イギリスでは買ったもの返品OK。イギリスの大手デパートや小売では、概ね90日間は返品OKだったりする。「このシステムが業績を圧迫している」とか、「返品期間を短くし、その分価格を下げるべき」とかの議論があると、たしか以前新聞で読んだことがある。私には関わりの無いことと思っていたが、先日初めて、返品してみた。

Imgp0334返品したのはM&S、マークスアンドスペンサーで買ったウールのフルジップのハイネック。日本円で7000円近くした。Mでは大きいのでSを購入し、サイズ的には満足だったが、ビジネスの場で使うにはちょっと分厚目で、ジャケットの内張りと相性が悪く、着にくかった。こんな相性は、持って帰らないと判らない。90日間は返却可能、と、レシートに書いてあったので、とりあえず春まで持っておくことも考えたが、あまり意味が無いので返品に行った。

返品は簡単、レシートと商品タグと購入時のクレジットカードを出して、数分で終わった。私にとっては初めてのことなのだが、「当然返品できるよね」的な雰囲気で、かつ丁寧に「少しばかり小さいようなので出来れば交換したいのですが」と切り出した。レジ係はとてもにこやか。テキパキと返品手続きをして、カードをリファンドして、おしまい。全額返ってきたのはもちろん、ネットでカード明細を確認したら、1週間で為替が変動していたので、為替差益で200円ほど儲かってた。

買うときは「たっかいな~」と思ったが、これはつまり、90日ごとに新品に交換できるということではないのか?90日といえば、四季折々の季節モノの寿命と同じぐらいだ。季節ごとに返却・交換すれば洋服代いらずでは・・・。いつか、試してみよう。

|

« キュー | トップページ | ストーンヘンジと周辺 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/7580327

この記事へのトラックバック一覧です: 返却OK。:

« キュー | トップページ | ストーンヘンジと周辺 »