« ビルとピーターの車自慢(2) ピーター編 | トップページ | セブンシスターズ »

2005年11月20日 (日)

イギリスらしさ?

日本から短期で出張されておられる方を、車で、ポーツマスのガンウォーフカイ、スピネッカータワーへご案内した。「このアタリなんかホントにイギリスっぽいですよね~」と、言われ、ハッとした。

私だってそんなに英国滞在が長いわけではない。だから別にすっかり見慣れた風景ということでもない。しかし、それにしても、「ここが?」と感じたのだった。

Dsc03935確かに言われてみれば、そうかもしれない。いやー、そうかも知れないしそうじゃないかも知れない。メイオアメイノット。どう新鮮な眼で見ようと努力しても、正直言って、イギリスらしいとは思えない。強いて言えば、高架下をくぐり右折信号を待ち、右折して右手にレンガ造りの線路の台(なんていうんだろ)、左に広大なサッカーグラウンドがあったのがイギリスらしいってことか。しかし、こう書いてみても、イギリスらしいとは思えない。

ポーツマスまで運転しているときに「マナーいいですね、いつも手を上げて」と言われたが道を譲ってもらったりした時など、普通のことだ。日本でもやってる。やってたと思う。そういわれると、日本よりもしょっちゅう手をあげているかも知れない。

気づかないうちに慣れている習慣は結構ある。ゴミは分別しなくなった、しなくてもいいから。お金払って公衆トイレに入る?抵抗ない。チップ?イギリスに限ったことでもない。車の前照灯が随分早めにつくのも、安全でよろしい。電車に無賃乗車?可能かもしれないが犯罪だ。 電信柱がない、とか?実はそうでもない。日本のように乱立してはいないが、家の前に電信柱が1本あって、地中からの主線を分配してるってのが多い。

Dscn5809車で遠出するときは番号を覚える。これで充分。日本では方角と地名を頭に入れていた。最近のヒトはナビとやらでナビしてもらうようだ、私は使ったことはないが。日本ではさらに、交差点の名前や経由地の地名で行く先を追っていた。案内板も地名が書いてあるのでそのほうが良い。イギリスでは、憶えるのは道路の番号。幹線道路のみならずかなりローカルな道路まで番号がふってあるし、案内板には番号が必ず書いてある、ランドアバウトでは道路にも書いてあるので、番号を覚えるのが合理的だ。番号だけ書いたポストイットを運転席横に貼っておくだけで、ほぼ間違いなく目的地にたどり着ける。Dscn6335

たとえば、ここからストーンヘンジまではM27 -> A36 -> A345 -> A303。セブンシスターズなら、A27 -> A26 ->A259。番号を追っていったほうが、変な先入観が入らなくていいということらしい。ランドアバウトで回っていると、東西南北なんてすぐにわからなくなる。方向を覚えたところで、だいたいこの方向、というのは通用しない。別な道に入ったら、裏道など探さず、Uターンするべきだ。それに街と街との間の道は、脇道は皆無で停車場所もUターン場所もほとんどないことが多い。

ランドアバウトで安易に道を決めて曲がってしまったがために、延々数十キロも、Uターンもできず停車も出来ない、脇道も一切ないニューフォレストの道をひたすら走って、次のランドアバウトでUターンして延々数十キロ後戻りして元の道にもどった、ということもある。

今ではランドアバウトの走り方や番号を追うことを学習したので迷うことは少なくなった。確かに、これは、イギリスらしいことかもしれない。そしてすっかり、慣れてしまっていることかもしれない。

|

« ビルとピーターの車自慢(2) ピーター編 | トップページ | セブンシスターズ »

コメント

イギリスらしさ・・・多少ともイギリスのことが分かりました。イタリアのマナーの悪さと対照的かも?

投稿: | 2005年11月23日 (水) 06時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/7243234

この記事へのトラックバック一覧です: イギリスらしさ?:

» NAMI [足跡残しマフ]
恋に恋するNAMIの日記つまらないかも(ワラ [続きを読む]

受信: 2005年11月20日 (日) 15時16分

« ビルとピーターの車自慢(2) ピーター編 | トップページ | セブンシスターズ »