« 騒がしい電車 | トップページ | ガイフォークス、知ってる? »

2005年11月 2日 (水)

二~~ル!

またお湯がでない!今度は以前と違って、サーマルストレージがおかしいから、事態は深刻だ。部屋が暖まらない。これから冬なのにどうしよう。会社の始業時間がニールの事務所が開くよりも2時間ぐらい早いので、ニールの開店を待って会社からニールに電話した。1時間以内にチェックすると言ってくれた。やれやれだ。

いまはまだ事務所で仕事中なので、お湯の結果は帰宅後確認するとして、ニールが何者かを説明しよう。

Imgp2514 ニールはサウスダウンズの大手不動産会社の、ポートソレント地区を管轄する支社の支社長。マリーナとヨットハーバーを見渡す場所に事務所がある。英語はロンドン訛りなんだそうだ、私にはよく判らないが。年齢は60ぐらいかもしれない。足腰は丈夫で、元気そのものだ。

フラットの管理人でもなんでもないが、私のフラットには管理人がいないので、トラブルがあるとニールに頼む。ニールもそれでいいらしい。ボイラや洗濯機は部屋の中あって、部屋の鍵を開けて中に入らないと、見ることもできない。ではいままでどうやって直してもらってたかというと、フラットの玄関の2つの鍵のうち、複雑なほうは開けておいて、簡単そうな、昔風の、鍵穴が開いていて向こうが見えるタイプの鍵をしておく。こうしておくと、ニールは鍵を開けて部屋に入れるんだそうだ。もちろん、合鍵で。ニールはまずフラットの入り口を鍵であけ、それから階段を登って(エレベーターかもしれないが)私の部屋のドアを合鍵であけるわけだ。

他人が部屋に入るのは気持ち悪いという人もいるかもしれないが、たとえば、部屋の掃除サービスをニールに頼むとすると、鍵の片方は開けておけば、掃除業者が勝手に部屋に入って、掃除することになるわけで、こちらでは普通のことのようだ。

そして、いつもなら、部屋は何もなかったの如く、ニールの業務に関係しなかったものは、髪の毛1本たりとも、動かされていない。モノがなくなったということもない。今回も、全然、心配もしていない。

・・・さて、帰宅。ん?いつもと様子が違う。部屋の電気がつけっぱなし。部屋の照明は消して、会社にいったんだけど。ニールが消し忘れたのかな? ・・・あ、開けっ放し。ボイラを収納している納屋の戸が開けっ放し。さらに良く見ると、ボイラの電源が切ってあって、なんだか大事そうな部品が外しっぱなし。これって、修理途中で帰ったの?片付けもせずに、書置きもなしに?UFOにさらわれたんじゃないだろうな。そんなことより、これじゃ今日もお湯がつかえないじゃないか! 二~~ル!!

|

« 騒がしい電車 | トップページ | ガイフォークス、知ってる? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/6863610

この記事へのトラックバック一覧です: 二~~ル!:

« 騒がしい電車 | トップページ | ガイフォークス、知ってる? »