« 初雪 | トップページ | ロンドンの地下鉄とインド君 »

2005年11月28日 (月)

プレミアリーグ考

以前興味があんまりないと言ったサッカー、だんだん興味が沸いてきた。このまま興味が沸き続ければ、1月には26ポンド払ってボルトンの試合を見に行ったりするかもしれない。

一昨日の土曜日はプレミアリーグの試合があって、稲本君のウエストブロミッジが引き分けだったり中田君のボルトンが負けたりした。ルーニーのマンUは2-1で勝ったりした。

そんな中、私は偶然、試合終了後のポーツマスファンと電車で一緒になった。ロンドンからポーツマスハーバー行きの電車に乗ったので、ポーチェスターに行くためにフラットンで乗り換えたのだが、フラットンはポーツマスのサッカーフィールド最寄駅で、時刻はおりしも8時ごろ、青いポーツマスのタオルやユニフォームを着た酔っ払いが沢山いた。

先日「十人十色。」で間違えていたのだが、先日はポーツマス対チャールトンだったそうだ。今回が、ポーツマス対チェルシー。チェルシーはリーグ首位なんだそうだ。ポーツマスは18位。やっぱり負けたらしい。たしかにホームに居た連中は、静かだった。

静かだな、と思っていたが、フェラム行きの電車が来て、我々も彼らも乗って、それからが騒がしかった。ホームでは別のところにいて多分知らない同士かな?と思っていた人達が、電車にのって席が近くなるととにかく誰彼なく話しかけて時々ウオーと盛り上がる。プレイヤーの名前らしき言葉が沢山入ってるので何言ってるのか良く判らんが、間違いなくサッカーの話しだ。負けてこんだけ盛り上がるんだから、もしチェルシーに勝ってたら凄いだろうな・・・。

そう思うと、なんだか、一緒に応援して、強い相手に勝って、一緒に盛り上がりたいような気持ちになった。

|

« 初雪 | トップページ | ロンドンの地下鉄とインド君 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/7372149

この記事へのトラックバック一覧です: プレミアリーグ考:

« 初雪 | トップページ | ロンドンの地下鉄とインド君 »