« 月曜日の午前中 | トップページ | 周りの英国エンジニア概要 »

2005年10月17日 (月)

本当に必要なもの

Dscn5309 家具つきのフラットに住んでいる。ヨットハーバーの南側で、ヨットや漁船があちらこちらに停泊している湾に面した、5階建てのフラットの2階。湾内には海鳥が戯れ、対岸にはローマ時代の城壁ポーチェスター城が見える。フラットにはガレージが2つ、電動ガレージで出入りする。マリーナからもマリーナの遊歩道からも良く見え、高級外車が沢山とまっているし外観も高級感あふれる、イギリス人からみても素敵なことこの上ないフラット。部屋も広い。電子レンジにオーブン、冷蔵庫に食器洗い機もある。食器類もワイングラスから洒落たフルーツ皿、フライパンだって中華鍋だって寸胴だって揃ってる。そして部屋の中に電気ボイラーがあって、たっぷりのアツアツのお湯を蓄えている。文句無いはず。なのになんで、なんでお湯がでないんだ!!!

調子悪くなって以来もう3週間、毎週毎週、エージェント・ニールに見てもらって、そのたびに毎回直ってる。最初はお湯が3日もった。先週直してもらったあとは2日間はお湯がでたが、土日全滅。明けて今日月曜日、早速ニールに電話して直してもらった。会社事務所にいるときにニールからデスクに電話「しっかり直ったよ。あつあつのお湯が出るようになったから火傷に気をつけて」と。期待して帰宅して、あら不思議。今回は4時間ももたなかった。今、蛇口からでている水の水温は10度、目の前に広がる海水温より低いよきっと。なんなんだ一体!!!凍傷だよこれじゃ!!!

|

« 月曜日の午前中 | トップページ | 周りの英国エンジニア概要 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/146188/6450840

この記事へのトラックバック一覧です: 本当に必要なもの:

« 月曜日の午前中 | トップページ | 周りの英国エンジニア概要 »